キュレーションサイトのメリットや問題点は?人気のサイトも紹介!

キュレーションサイトは「まとめサイト」とも呼ばれ、知らず知らずのうちに利用している方も多いのではないでしょうか?

そんなキュレーションメディアでは、AIを利用したアルゴリズムによって効率的にユーザーにとって有益な情報を提供し、今では大きな収益を上げるサイトも多数存在しています。

一見すると、キュレーションメディアは非常に便利で有益なメディアなのですが、コンテンツによっては信憑性に欠ける記事が氾濫するといった問題もあります。

この記事では、そんなキュレーションサイトの意味やメリット・デメリットを分かりやすく解説し、各ジャンルの人気のサイトも紹介します。

目次

キュレーションサイトとは

キュレーションサイトとは「特定のテーマを絞り込み、情報を整理したサイト」のことです。日本では「まとめサイト」と呼ばれることが多いキュレーションサイトですが、このようなサイトをを利用することで有益な情報を効率良く収集でき、非常に便利なために人気があります。

キュレーションサイトのマネタイズ

マネタイズとは、サービスから利益を生み出すことで「収益化」とも呼ばれています。ここでは、キュレーションメディアを利用したマネタイズ方法について解説していきます。

広告収益

キュレーションサイトで広告収益を上げる方法としては、Webサイトに広告を掲載し、広告主から収益を得る手法があります。広告収益では、Webサイトへのアクセス数と収益が比例して増えるため、Webサイトへの集客を増やすマーケティング力が不可欠となります。

マッチングや仲介手数料

キュレーションサイトで仲介手数料を得るには、サービスの利用者(ユーザー)とサービスや商品を提供する企業をマッチングさせることが必要です。キュレーションサイト内でユーザーと提供企業との契約が成立すると、企業側から収益を得られる仕組みとなっています。

マッチングサイトやECサイトがこのモデルとなりますが、このマッチングや仲介手数料の収益を上げるには、提供されるサービスや商品についての深い知識が必要となります。

コンテンツへの課金(有料ユーザー)

コンテンツ課金とは、ユーザーがサイトを利用するために料金を支払い、そこから収益を得る方法です。多くの場合は一定の範囲までを無料で提供し、特定の範囲を超えたり、有料コンテンツに導くことで課金してもらうユーザーを獲得します。無料のコンテンツでユーザーを集客し、お金を支払ってでも利用したいと感じさせる「質の高い優良なコンテンツ」を提供することが重要です。

キュレーションサイトを閲覧するメリット

キュレーションサイトでは、1つのWebサイトの中で、自分が欲しいテーマに沿った情報がまとめられています。そこから更に必要な情報が掲載されているWEBサイトへ効率よくアクセスできるために、通勤や休み時間などを有効に利用できることも人気の1つとえるでしょう。

自動で情報が整理された状態で閲覧できる

キュレーションサイトでは、ユーザーの検索アルゴリズムによってその人の興味や意欲のある内容を判断しているため、ユーザーは自分の欲しい情報を自動的に整理された状態で閲覧できるのです。

最新情報が自動で更新される

またキュレーションサイトの強みには、常に最新情報が更新されることが上げられます。

Gunosy「グノスポ」

Gunosy「ニュースパス」

このGunosyが提供する「グノスポ」や「ニュースパス」のように、常に新しい情報が自動的に更新されて手元に届くので、ユーザーは検索する手間が省け、サイト側もユーザーを囲い込むことができるのです。

キュレーションサイトの抱える課題やデメリット

このキュレーションサイトは、ユーザーにとって非常に便利なサイトなのですが、そのメディアの作成方法によって様々な問題点が指摘されています。

ここでは、キュレーションサイトの抱える課題やデメリットを紹介していきましょう。

フェイクニュースなどの正しくない情報も掲載される

キュレーションサイトに掲載されるコンテンツには、いわゆる「フェイクニュース」などのデマが平然と見られることがあります。

本来、新聞やテレビ、ネットニュースのどのメディアであれ、取材する対象にはエビデンス(証拠)があることが絶対なのですが、最近ではネット上の情報を鵜呑みにして記事を作成するライターもいるために、正しくない情報が掲載されるリスクが高まっているのです。

実際に2016年に発覚したDeNAのWELQ(ウェルク)問題では、素人ライターによる不正確な医療記事が、当時人気であったヘルスケア情報のキュレーションサイトである「WELQ」で大量に公開されて大きな批判を浴びました。特に対象が人命にも関わる医療情報であったため、このサイトは閉鎖に追い込まれました。

無断転載が多いため知らないうちに著作権侵害している

ユーザーにとっては、欲しい情報がまとめられていて便利に使えるキュレーションサイトですが、コンテンツの無断転載などの「著作権」が度々問題となり、大手メディアが閉鎖に追い込まれた事例もあります。基本的には、他のサイトから写真や文章を無断で転載することは「著作権の侵害」に当たります。そこで「引用」や「参考」などの文言と共に転載しているメディアもあるわけですが、「引用」や「参考」をつけたからといって全てが認められるということはありません。ケースによっては、使用側に悪意が無くても著作権の侵害となることも考えられますので、十分に注意が必要なのです。

有名なキュレーションサイトまとめ

いかがでしたでしょうか?ここまではキュレーションサイトについて解説してきました。キュレーションサイトは、非常に便利なサイトである反面、信憑性に欠けるコンテンツや著作権などの問題が常にあることがお分かりいただけたのではないでしょうか?過去には実際に大きな問題が起こったこともあり、最近ではデマ情報は随分減っている印象もあります。しかし、簡単に情報を受け取ることも提供することもできるようになった現代では、今後もユーザーと制作側の双方が意識していかなければならない問題でもあると思います。

以下では、人気のキュレーションサイトをジャンル別に紹介していきますので、ご自分の趣味などに合わせたサイト探しの参考にしていただければ幸いです。

ニュース系のキュレーションメディア

株式会社Gunosyが提供する「ニュースパス」

Gunosy(グノシー)の「ニュースパス」は、簡単な操作でリアルタイムに話題のニュースがチェックできる人気の無料ニュースアプリです。独自のアルゴリズムにより、提携するメディアから配信される情報をそれぞれのユーザーに配信しています。

スマートニュース株式会社が提供する「smartnews」

スマートニュース株式会社が提供する「smartnews」は、日本初のニュースアプリですが今では世界中で5000万ダウンロード突破するほどの人気となっています。

スマートニュースでは、読みたいカテゴリが分かりやすく振り分けられているので、最新のニュースをサクサク読めると評判です。

女子系のキュレーションメディア

株式会社MERY(MERY Co., Ltd.)が提供する「MERY」

株式会社MERYが提供する「MERY」は、女性向けの美容記事を中心に掲載するキュレーションサイトサイトとなっています。一時的に著作権の問題でサイトが閉鎖された時期もありましたが、編集の体制を整えて再運営が開始されています。

再開後は約半年で100万ダウンロードに達するなど、多くのファンがいることが伺えます。「MERY」の特徴は、記事ごとの画像をクリックするだけで、instagramなどの関連画像が一覧で表示されるために、文章よりもビジュアルを意識するユーザーにおすすめのアプリです。

株式会社Wondershake(ワンダーシェイク)が提供する「LOCARI(ロカリ)」

株式会社Wondershakeが提供する「LOCARI」は、大人の女性を意識したコンテンツで絶大な人気を誇るキュレーションサイトです。年齢対象を25歳以上の女性に絞り込むことで、LOCALI独自の記事を提供し、ネイルや恋愛、結婚に至るまで、女性の関心の高いコンテンツを分かりやすく閲覧できる容易に設計されています。

男子系のキュレーションメディア

株式会社Smartlog(スマートログ)が提供する「Smartlog」

株式会社Smartlogが提供する「Smartlog」は、月間で約750万人が利用する男性向けのキュレーションサイトです。掲載されるコンテンツはメンズファッションやメンズコスメ、ボディメイクなどの「カッコいい男」に憧れるユーザーに向けたカテゴリが多くあり、毎月3000とも言われるコンテンツが配信されています。サイト内で紹介される商品やサービスは、記事内にある購入先のリンクから購入も可能となっており、人気です。

合同会社コンデナスト・ジャパンが提供する「GQ JAPAN」

合同会社コンデナスト・ジャパンが提供する「GQ JAPAN」は、男性向けのファッション&カルチャー雑誌を発行する「GQ JAPAN」が運営しているキュレーションサイトです。ファッション雑誌を扱っているので、サイト内のデザインは非常にオシャレな仕様です。記事の閲覧はもちろん無料ですが、そのコンテンツのクオリティは有料で提供しても良い程で、メンズ雑誌を一冊まるごと無料で読んだ気がすると好評を得ています。

グルメ系のキュレーションメディア

Retty(レッティ)株式会社が提供する「Retty」

Retty株式会社が提供する「Retty」は、実名の口コミ投稿を採用することによって、ユーザーから高い信頼度を獲得しているグルメ系キュレーションサイトです。「エリアや駅」「ジャンル、目的、店名」などからサイト内で検索してお店を探せるだけでなく、期間限定の特集ページや新着の口コミからも店舗の情報を探すことが可能となっています。

また、Rettyのサイト内でお店の予約が出来るのために、予約時に店舗へ電話する必要がなく便利です。月間の利用ユーザーが4,000万人を超えるほどの人気で、グルメ系のキュレーションメディアとしてはトップクラスとなっています。

旅行系のキュレーションメディア

株式会社オンエア(ON AIR CO.,LTD.)が提供する「TABIZINE(タビジン)」

株式会社オンエア(ON AIR CO.,LTD.)が提供する「TABIZINE(タビジン)」は、旅と自由をテーマにした情報を配信しているキュレーションサイトです。

TABIZINEでは、契約ライターの記事だけでなく、提携メディアの情報もまとめて配信。国内外の旅に関する情報と共に、人気のお土産やグルメ関連の興味を引く記事が人気となっています。また、人気のコーナーとして、旅に関するインタビュー記事なども掲載されており、有名人が撮影などで訪れた国を多数紹介しています。日本人のライターはもちろん、外国人ライターも抱えており、外国人の視点で日本の旅行や文化について興味深く語られています。サイトを閲覧することで、思わず旅がしたくなるようなワクワクする高揚感を味わえます。今人気のあるエリアの特集や旅のトレンド情報、国内外のスポットが検索できる機能なども充実しています。

まとめ

忙しい毎日を過ごしていても情報を収集しやすいのがキュレーションサイトです。フェイクニュースに気をつけながら日々の情報収集に活かしてくださいね!

\ デジタルマーケティングのことならLifunextへお気軽にお問い合わせ下さい /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる