【2021年最新】Googleディスプレイ広告メニュー別バナー広告サイズまとめ!

Web広告の作成では、広告のサイズをどのように設定すべきかで悩む方も多いことでしょう。

バナー広告を出稿する際は、各広告媒体の広告フォーマットが異なるため、迷うのも当然かも知れません。

そこで今回は、Googleディスプレイ広告のメニューごとに、どのバナー広告のサイズを選べば良いかを徹底解説します。

企業の広告担当の方は、ぜひ参考にしてくださいね!

目次

Google広告のサイズ

ディスプレイ広告とは、各種Webサイトやアプリの中で表示される広告を指します。

このディスプレイ広告は、広告の種類や大きさ、また掲載される場所によって広告のサイズが異なります。そこで広告を出す際に、広告のサイズを調整しなければならないのです。

以下では、それぞれの広告の種類に応じた広告サイズを解説します。

ディスプレイ(バナー)広告

ディスプレイ広告とは、Webサイトに表示される広告を指します。

以下がディスプレイ広告に適したサイズとなりますが、非常に種類が多いので、推奨サイズを基準にしてお選びください。

広告サイズ(px)対応するデバイスPC推奨サイズSP推奨サイズ
300×250PC・TB・SP
160×600PC・TB
728×90PC・TB
300×600PC・TB
468×60PC・TB
320×50SP
320×100SP
200×200PC・TB
240×400PC・TB
250×250PC・TB
250×360PC・TB
336×280PC・TB
580×400PC・TB
120×600PC・TB
300×1050PC・TB
930×180PC・TB
970×90PC・TB
970×250PC・TB
980×120PC・TB
300×50SP

※px・ピクセル、PC・パソコン、TB・タブレット、SP・スマートフォンを意味します。

レスポンシブディスプレイ広告

レスポンシブディスプレイ広告は、規定のバナーサイズを用意しておくことで様々な広告サイズに最適な広告を自動生成してくれます。

広告サイズ(px)広告形状推奨サイズ
600×314画像・横長
1200×628画像・横長
300×300画像・スクエア
1200×1200画像・スクエア
512×128ロゴ・横長
1200×300ロゴ・横長
128×128ロゴ・スクエア
1200×1200ロゴ・スクエア

Googleファインドキャンペーン広告

Googleファインドキャンペーン広告とは、GoogleのディスカバーフィードやYouTubeホームフィード、次のおすすめフィード、Gmailに対し、テキストと画像を組み合わせた広告配信ができるキャンペーンのことです。

広告サイズ(px)広告形状
600×314画像・横長
1200×628画像・横長
300×300画像・スクエア
1200×1200画像・スクエア
480×600画像・縦長
960×1200画像・縦長
128×128ロゴ
1200×1200ロゴ

汎用的なバナーサイズ

上記の様に、バナーサイズは種類が多くなっており、それぞれのサイズに適応するのが困難なことも多いのではないでしょうか。そこで、制作工数を少なくするためにも、汎用性の高い次のサイズを用意することをおすすめします。

Googleバナー広告では、以下の5つのサイズを用意しておくことで、おおよそネットワーク上の95%の広告に対して表示が可能であると言われています。

広告サイズ(px)対応するデバイス
300×250PC・TB・SP
160×600PC・TB
728×90PC・TB
300×600PC・TB
320×50SP

拡張子

Googleバナー広告は『JPEG』『PNG』『GIF』の各ファイルからの入稿が可能となっています。それぞれの画像の特徴を活かすため、自社で配信したい広告に合わせて適切なファイル形式(拡張子)で入稿するように注意しましょう。

以下では、それぞれの拡張子の特徴を解説します。

JPEG

JPEG(ジェイペグ)形式とは、フルカラー1,677万色を表現できるため、鮮やかな画像広告にしたい場合に向いている拡張子です。ただし、不可逆圧縮方式を採用している形式のため、上書き保存をすると画像が劣化する特徴があります。データ容量が小さいのも特徴です。

PNG

PNG(ピング)形式とは、JPEGと同様に1677万色を表現できます。そして可逆圧縮方式なので保存や加工を繰り返しても画像が劣化しないのも特徴です。透過処理も可能で、背景を透明にすることもできます。ただ、データ容量が比較的大きいことから、シンプルなグラフやイラストなどに向いています。

GIF

GIF(ギフ)形式とは、カラーが256色しか使えない欠点があるため、色彩豊かな画像には不向きです。しかし、透過処理ができる上にデータ容量も小さいことから、イラストやアニメ―ション画像や映像に向いていると言えるでしょう。

拡張子のポイント

普段PCを使い際には、あまり拡張子を気にすることはないかもしれません。しかしWeb広告の制作では、それぞれの特徴やメリット、デメリットを理解して使い分けをしなければなりません。

上記で説明した3種類が、Googleディスプレイ広告で使用可能な拡張子です。この3つの特徴から『写真はJPEG形式』『イラストはPNG形式かGIF形式』と覚えておくと良いでしょう。

入稿時の注意点

Google広告は、いくつかの注意点に留意しておかないと、広告を入稿してもWebサイトやアプリに掲載されないことがあります。

以下では、広告の原稿を入稿する前に確認しておかなければならないGoogle広告の画像や表現について解説します。

特に注意すべきことは、日本ではGoogle広告と連携してYahoo!広告も利用することが多いため、この両方のルールに則ることです。

枠線

Google広告では明記されていませんが、Yahoo! ディスプレイ広告では、周囲に枠線のある画像は入稿できません。広告に使用する画像は枠線のない物を選び、もしも枠線のある画像は加工して、枠線を消してから広告クリエイティブを作成しましょう。画像を際立たせようとして、枠線を入れてしまうことのないように注意が必要です。

ぼかし

ぼやけた画像をGoogle広告に使用することも問題です。わざとピントを外したぼかし画像でも、Google広告では不鮮明な失敗画像と認識します。そのため、広告の一部、または全てが表示されない可能性があります。

Web広告で画像を使用する際には、できるだけ鮮明な画像を使用するように心がけましょう。

画像内のテキストの割合

Google広告では、画像内に含まれるテキストの総量が20%以内であることを求めています。分かりやすく言えば、画像内のテキスト(文字)数が多すぎると、広告に載せてもらえないということです。広告画像の中で使う文字量には十分に注意しましょう。文字量をチェックしたいときは、Facebookの機能である『テキストオーバーレイツール』を使うことで、比較的簡単に調べることが可能です。

複数の画像を合わせている

Google広告では、複数の画像を繋ぎ合わせた画像を使用することができません。2つ以上の写真などを合成した画像は不承認の対象になります。これは、紛らわしい広告を排除するための施策と考えられますが、原則このルールに沿わないものは承認されませんので注意しましょう。

画像が明るい

Google広告では、明るすぎる画像に対しても規制があります。これは極端に明るすぎる画像はユーザーに不快感を与えるためとしていますが、一般的に見て不自然でなければ、このルールが適用されることはないでしょう。極端に明るい画像には注意をしておきましょう。

もしも、この明るすぎることが理由で審査に落ちた場合は、彩度をコントロールして再投稿してみて下さい。

その他の注意事項

上記では、広告クリエイティブの画像に関する規定違反による広告の不掲載リスクについて解説しました。

しかし広告表示では、その広告内容の表現の仕方についても注意しなければなりません。

特に広告を出す媒体の規定に則ったものであるかが重要ですので、以下の表現の仕方には十分に配慮してください。

広告上で最上級を表現すること

広告の中で「世界で一番○○」や「日本一の◎◎」「効果がNo.1の~」「世界最大の~」といった最大級や絶対的な表現を用いることは、誇大広告にあたる可能性があるため、審査に通らずに不承認となる場合があります。

Google広告では、その根拠を裏付ける第三者によるエビデンスのリンクを提出することで承認となるケースもあります。ただしかなりリスクが高く、確実とは言えません。

広告表示では、できるだけこれらの表現の使用は避ける方が良いでしょう。

薬機法違反に関わる表現

薬機法(旧:薬事法)とは『医薬品等の有効性及び安全性の確保等に関する法律』です。この薬機法に違反、または抵触する広告の表現は非承認となります。

特に多いのが、サプリメントやヘルスケア商品などで『痩せる』『治る』『○○になる』といった表現はしないようにしてください。

その他

上記のような規定違反以外でも、広告が承認されないこともあります。例えば、バナー広告内に会社名がない場合や拡張子が異なる場合などです。これらの詳細についての確認も、見落としがないように注意してください。

まとめ

いかがでしたか?このように、Googleディスプレイ広告には、それぞれに適切なバナー広告のサイズがあることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

ここでは、広告のサイズ以外にも、拡張子の選び方や広告入稿時の注意点も併せて記載しました。

ぜひこの記事を参考にして、Google広告を効率的に運用してくださいね。

\ デジタルマーケティングのことならLifunextへお気軽にお問い合わせ下さい /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる