Googleダイナミック広告とは?ユーザーニーズに合わせた広告を自動生成する仕組み!

ダイナミック広告とは、ユーザーが閲覧した履歴を基に、最適な広告クリエイティブを自動的に生成して掲載してくれる広告です。

ダイナミックと呼ばれるこの配信手法は、ユーザーの嗜好に合わせて自動的に広告クリエイティブを生成する「動的」なところから生まれた言葉となっています。逆に、バナー広告などの「あらかじめ決められた形式」で配信する広告クリエイティブは、スタティック(静的)広告と呼ばれています。

以下では、Googleダイナミック広告について詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

目次

Googleダイナミック広告とは?

Googleダイナミック広告では、Googleが運営するGmailやYouTubeといったサイトに、自社の商品やサービスの広告を出すことができます。これにより、GmailやYouTubeだけでなく、65万種類以上のアプリや200万種類以上のWebサイトを利用するユーザーに広告配信が可能です。

そもそもダイナミック広告とは、アプリやWebサイトにあらかじめ用意された広告スペースに、ユーザーの行動履歴を基にした広告を表示されるタイプの広告のこと。これは「リスティング広告」なども同じ種類ですが、ダイナミック広告は動画を使用できるという点で、テキストのみのリスティング広告よりも認知やブランディングに優れた広告と言えるでしょう。

このようにダイナミック広告では、広告がユーザーの行動に対し動的にリマーケティング

するため、クリック率(CTR)とコンバージョン率(CVR)の向上に期待ができます。

これは、広告クリエイティブをユーザーに合わせて自動生成するために精度の高い広告を配信ができることと、タグの設置によってコンバージョンに至っていないユーザーに再度広告を配信できるために可能となる機能です。

このように動画や画像、テキストを効果的に織り交ぜた広告を、ユーザーの行動履歴に沿いながら自動的に生成して配信できるのがダイナミック広告の特徴と言えます。

Googleダイナミック広告と相性の良いサイト

Googleダイナミック広告は、ユーザーの好みや行動に合わせて自動で広告を作成、配信できるため、様々な広告の配信手段として利用可能です。

以下では、その中でも特にGoogleダイナミック広告と相性の良いサイトを紹介します。

多品目ECサイト

Googleダイナミック広告の利用で、まずおすすめしたいのが「多品目ECサイト」です。

ユーザーの検索履歴や嗜好に合わせて広告を配信するGoogleダイナミック広告は、アパレルはもちろん、日用雑貨やスポーツ用品など、様々な商品のECサイトにベストな広告手法の1つと言えるでしょう。

人材系求人サイト

Googleダイナミック広告は、人材系求人サイトにもマッチします。過去、または現在、ユーザーがどのような職種についての検索履歴や検索意図があるかなどをデータから予測できるため、効果的な求人案内を行うことが可能です。

旅行系予約サイト

旅行系の予約サイトを表示するケースにおいても、Googleダイナミック広告はより効果を発揮できるでしょう。それは、ユーザーの行動履歴や趣味、嗜好から、国内はもちろん、海外のリゾートなどもベストなタイミングで表示できるからです。

フライト・電車チケット予約サイト

旅行サイトと同じく、フライトや電車のチケット予約サービスサイトも、Googleダイナミック広告にはぴったりのサイトの1つと言えます。ユーザーの行動履歴から、ベストなタイミングで最もお得な案内ができるGoogleダイナミック広告は、様々なシーンで活用できる広告手法です。

Googleダイナミック広告の実装手順

それでは、実際にGoogleダイナミック広告を実装する手順を解説します。

Googleダイナミック広告の実装で重要となるのは、以下の3つの設定です。

  • フィード情報を作成する
  • 動的タグの設置
  • 動的キャンペーンの作成とタグ連携

以下では、それぞれについて解説します。

データフィード情報を作成する

このデータフィードとは、商品ごとの名前や価格、詳細ページのURL等をまとめた「商品リスト」を指します。このデータフィード情報を作成、設定することで、広告に商品名や価格などが表示されるのです。

データフィードは、クリエイティブをつくる上で重要なデータとなりますが、Googleエンジンの最適化にも効果を発揮します。できるだけ正確で詳細な情報を入力することで、広告の上位表示に役立つでしょう。

それでは、データフィードの作成方法を解説します。

Googleダイナミック広告では、業種によってデータフィードで準備すべき情報の項目やテンプレートが異なります。

それぞれの業種で、可能な限りすべての項目に情報を入れるように心がけましょう。仮に、広告表示されない項目や設定が任意の項目があっても、情報を入力することが重要です。

データフィードをGoogle広告に連携する

まずは、データフィードファイルをGoogle広告の管理画面に連携します。

→(Google広告管理画面)https://ads.google.com/home/?subid=ww-ww-et-g-aw-a-helpcenter_1!02#!#%3Fmodal_active=none

① 管理画面上部の「ツールと設定」から「ビジネスデータ」を選択。

②そして+ボタンをクリックし「動的フィード」をクリック、業種のサンプルから適切な業種を選択。

③ 次に、データフィードファイルをアップロードします。

これで、データフィードがGoogle管理画面にアップロードされます。

アップロードされたデータフィードを確認し、作成したデータが間違いなくアップロードされているかを確認しましょう。

次に自動更新の設定です。広告表示さている内容とサイトで表示されている内容に間違いがないように、データフィードを定期的に更新し、最新のサイト情報が表示されるようにします。

④ アップロードしたデータフィードをクリックします。

⑤ 右側のメニューから「日程」をクリックし、ファイル送受信方法を選択。

⑥ データソースのURL、ユーザー名、パスワード、更新頻度を入力しましょう。

以上で、Google広告とデータフィードの連携、定期更新の設定は完了となります。

動的タグの設置

① GoogleAds管理画面の右上にある「ツールと設定」から「オーディエンスマネージャ」をクリックします。

② 左タブから「オーディエンスソース」次に「Google広告タグ」の「タグを設定」を選択しましょう。

③ 「特定の操作に関するデータを収集」からサイトの業種を選択します。

④ 「グローバルサイトタグ」と「イベントスニペット」を取得、設置します。

「グローバルサイトタグ」は『ユーザーがそのサイトを訪れた』ことを蓄積するタグとなります。そのため、タグの設定は「全てのページ」に施します。

「イベントスニペット」は、サイトの中でも、ユーザーが「どのページ」に進んだかを蓄積するタグです。一例をあげると、ECサイトで、トップページだけで離脱したのか、また商品詳細ページまで進んだか、カートに追加までしたのにコンバージョンに至らなかったなどを詳しく判別します。このイベントスニペットで収集したデータを基に、Googleのエンジンがユーザーのモチベーションを推測し、広告クリエイティブの表示を判断します。

このタグの設定は、それぞれのタグを取得し、グローバルサイトタグはウェブサイトの各ページの<head></head>タグの間に貼り付けます。また、イベントスニペットはグローバルサイトタグの直後に貼り付けましょう。

Googleタグマネージャーを活用する場合は「Googleタグマネージャーを使用する」をクリックし、コード編集をせずにタグの更新が可能です。そこで、Googleタグマネージャーの使用をおすすめします。

動的キャンペーンの作成とタグ連携

GoogleAdsの管理画面を取得し、キャンペーンの作成を行います。

① まずは「新しいキャンペーンを作成」をクリックします。

② 次に「キャンペーンで達成したい目標」から「販売促進」をクリック。

③ そして「キャンペーンタイプを選択」から「ディスプレイ」を選択します。

④ 次に「キャンペーンのサブタイプを選択」から「標準のディスプレイキャンペーン」を選択しましょう。

⑤ データフィードをキャンペーンに紐づけます。

⑥最後に「キャンペーン名」「地域」「言語」「予算」「入札単価」などを設定していきます。予算設定欄の下にある「その他の設定」をクリックし「動的広告」の設定項目から「パーソナライズド広告向けの動的広告のフィードを使用する」にチェックを入れて、先に作成したデータフィードを選択して完了です。

Googleダイナミック広告の実例

Googleダイナミック広告の実例

教えて!gooより

YouTubeより

このように、Googleダイナミック広告は、人気サイトの1番目立つ場所に多く表示されている人気の広告です。テキストや静止画像ではなく、動画を使いながらユーザーの検索履歴に合わせた広告を表示します。

まとめ

Googleダイナミック広告は、静的なリマーケティング広告ではあまり効果が期待できないシーンでも、大きな効果を期待できる広告手法です。それは、動的なリマーケティング広告により、ユーザーの行動履歴から遡った嗜好にダイナミックに訴えることができるからです。

Googleダイナミック広告によって、クリック率やコンバージョン率の向上を大いに期待できるでしょう。まだGoogleダイナミック広告をご利用でない方は、ぜひお試しください。

\ デジタルマーケティングのことならLifunextへお気軽にお問い合わせ下さい /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる