YouTube広告の作成&出稿方法をゼロから徹底解説

YouTube広告の作成&出稿方法をゼロから徹底解説

・YouTube広告の作成&出稿方法をゼロから徹底解説

言わずもがな、YouTubeは世界でも最大級の動画プラットフォームです。日本国内の6200万人を超えるユーザーへ自社の商品やサービスを宣伝することができる、まさにそれこそがYouTubeへ広告を配信するメリットと言えるでしょう。

そんなYouTubeへ広告を掲載したい場合にまず考えるのは、「どんな広告を作成すれば効果があるのか?」ではないでしょうか。

本記事では、YouTubeの動画広告を作成するにあたっての方法をメインに、できあがった動画を広告として出稿するまでの流れを解説していきます。

4つの動画広告それぞれの特徴

  ・TrueViewインストリーム広告

TrueViewインストリーム広告は、ユーザーが動画を再生する前後・最中に表示される広告です。サービスや商品の認知度を高めたい場合に効果的です。

スキップ可能なインストリーム広告と、スキップ不可インストリーム広告が選べますが、課金方式が異なる点に注意です。

詳しくはこちらの記事を読んでみてください。

<Youtube広告の種類一覧 – 選び方から課金方式までを解説>

  ・TrueViewディスカバリー広告

TrueViewディスカバリー広告は、ユーザーが動画を検索している際、検索結果画面や関連動画部分に表示されます。ユーザーが自ら広告をクリックしないと再生されず、購買意欲の高いユーザーにアプローチできるため、購入に繋げていきたい場合に効果的です。

  ・バンパー広告

バンパー広告は、スキップ不可能な6秒以下の短い動画広告です。インストリーム広告と同様、動画の再生前後や最中に表示されます。ディスカバリー広告同様に商品の比較検討段階や、認知度をUPするために効果的です。

TrueView広告とは異なり、広告が1,000回表示されるごとに課金される仕組みとなっています。

  ・アウトストリーム広告

アウトストリーム広告は、スマホなどモバイル専用の広告フォーマットで、サイトやSNS、アプリのフィード内に掲載される広告です。ミュートされた状態で再生されます。広く認知度を高めたい場合に効果的です。

Youtube広告を作成する6つのフロー

さて、ここからは実際に広告を作成するにあたっての流れをご紹介していきます。

今回は、自前で撮影も行う場合について解説します。

YouTube広告を作成する一般的な流れ

伝えるメッセージや商品などが絞れたあとは、実際の広告を作っていくことになります。テキストや画像を使って広告を出す場合と動画広告を出す場合で工程が異なりますが、ここでは動画広告作成についての大まかな流れをご紹介します。

・YouTube広告で伝えるメッセージを1つに絞る

せっかく広告を作るのだからと、あれもこれも情報を詰め込むと、結局何が重要なのか分かりづらくなります。パッと見た瞬間でインパクトを与えるためにも、自社の製品やサービス・もしくはブランドなど、何か1つに絞った宣伝が効果的です。

  ・内容構成と脚本をつくる

動画広告を作成する場合、ユーザーを掴むためにはストーリー性が重要です。伝えたい内容がぶれないように気をつけながら、撮りたいシーンや必要な人や物をできるだけ具体的に書き出して組み立てていきましょう。

作り手側の感情で作成するのでなく、あくまでユーザー目線の動画作成を心がけることが重要です。

  ・撮影に必要なキャストや機材、道具などを集める

伝えることや脚本が固まれば、次は動画撮影にあたり必要な人員や道具を集めます。

・キャスト

まずは構成と脚本にあったキャストを選びましょう。

何か商品やサービスを売り込みたいのであればターゲットとするユーザー層に合わせてイメージと合致する人が良いでしょうし、キャストの用意が難しい場合にはナレーションを当てるような動画を作成することも考えられます。

影響力のあるインフルエンサーを活用したい場合は、代理店やキャスティング会社を利用して手配することができます。

・機材

用意する機材に関して、広告を作成するためだけに高級な一眼カメラを用意する必要はありません。スマホでも十分に撮影ができます。ただし、音質だけはノイズが入らないように外部マイクの用意をおすすめします。

  ・ロケーションや照明、構図に気を配って撮影する

撮影を行う際には、その場所に撮影許可が必要かどうかを確認してから行いましょう。商用撮影ができない場所もあるので、トラブル防止のためにも確認は必須です。

照明に関しては明るすぎたり暗すぎたりしないよう、一定の明度を意識して撮影しましょう。構図に関しては初めから何パターンか用意しておくと、編集する際に選択肢が増えて、イメージに近い動画作成ができるようになります。

  ・撮影した動画を元に編集して動画を完成させる

撮影が終わったあとは、いよいよ広告を組み上げていきます。撮影した動画をただつなぎ合わせるだけでなく、目で見ても情報がわかるようにテロップを入れたり、必要に応じて素材を追加したり、ユーザーの目に魅力的な広告作りを実践しましょう。

YouTube広告の出稿方法3ステップ

ここまで、動画広告で使う動画自体の作り方を解説してきました。ここからは作成した動画をYouTube広告として使うにはどうしたら良いかを解説していきます。

  広告用の動画をYouTubeにアップしておく

YouTube広告の動画は、特別なところへアップロードする必要はありません。一般の動画と同じように、広告を配信したいGoogleアカウントでYouTubeにログインし、作成した広告用の動画を事前にアップロードしておけば大丈夫です。

  Google広告の管理画面から必要事項を設定していく

YouTube広告はGoogle広告の種類のひとつです。YouTube広告を配信したい場合には、Google広告のアカウントが必要になりますので、こちらも事前に取得しておきましょう。

管理画面にログインしてキャンペーンタブを選んだあと、広告を配信するにあたってのキャンペーン目標を設定し、広告のタイプとして動画広告の配信を選択します。配信する広告の予算や掲載期間・場所などを会社やサービスによっての戦略に合わせて設定をしていきます。

掲載ネットワークの設定では、どこに広告を掲載するかを設定できます。

以下3つがありますので必要なものを選びましょう。

・Youtube検索結果

Youtubeの動画検索結果に表示されます。

・Youtube動画

Youtubeのホーム画面、動画再生ページ、チャンネルページに表示されます。

・ディスプレイネットワークの動画パートナー

Googleディスプレイネットワークに参加している外部サイトやアプリで広告が表示されます。

注意点として、広告は審査が下りなければ配信されません。おおむね1営業日内には承認が下りますが、配信開始日までにはある程度余裕を持って準備することをおすすめします。

  どの動画を広告として使うか設定する

次にYouTubeへアップロード済みの動画からどれを広告として配信するか選びます。プレビュー画面が表示されますので、最終確認をしたのち、広告の見出しタイトルやCTAボタンの文言を追加しましょう。

これで設定は完了です。「保存して次へ」から「キャンペーンに進む」ボタンに進めば、審査終了後に広告が配信されるようになります。

以降の広告管理に関しては、Google広告の管理画面からリアルタイムで調整することができます。配信効果がどのようなものかチェックしながらターゲティングなどを随時改善していきましょう。

YouTube広告の作成&出稿方法まとめ

本記事では、YouTube広告の種類をおさえた上で、目的・戦略に沿った広告を作成する方法を解説しました。

実際に広告用の動画を作成する段になると、つい作り手の感情が挟まってメッセージ性がぶれてしまいがちです。

事前に「誰に何を伝えるか」をしっかり絞ってメンバーに分かりやすく共有し、広告作成だけでなく配信の設定までをスムーズに行えるよう進めていくことが肝要と言えるでしょう。

\ デジタルマーケティングのことならLifunextへお気軽にお問い合わせ下さい /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる