【YDN】サーチターゲティングとは?仕組みや特徴をご紹介!

サーチターゲティングとは、ヤフー株式会社が提供する「Yahoo!ディスプレイ広告(旧YDN)」で利用できる、広告を配信するユーザー(ターゲット)を絞り込む方法の1つです。

サーチターゲティングを活用することで、効率良く見込み客を獲得できるだけでなく、広告費を削減することが可能になります。

このサーチターゲティングは、企業の広告担当者やWeb担当の方に、ぜひチェックしていただきたいシステムの1つです。

この記事を参考にして、あなたの会社の商品やサービスをより効果的に広告配信できるサーチターゲティングをご活用ください。

以下では、サーチターゲティングの仕組みや特徴をご紹介します。

目次

サーチターゲティングとは?

サーチターゲティングとは、Yahoo!ディスプレイ広告(旧YDN)を出す際に、広告配信を行うユーザーを絞り込む手法の1つです。

サーチターゲティングは、広告主が登録したキーワードを『過去に検索したことがあるユーザー』に対し、Yahoo!ディスプレイ広告に効率良く広告配信できるサービスとなっています。

例えば、広告主が『ラーメン 札幌』というキーワードをサーチターゲティングに登録した場合、以下の様な検索履歴のユーザーに広告が配信される仕組みです。

ユーザーの検索履歴

〇 美味しい ラーメン 札幌

〇 札幌 人気 ラーメン

〇 ラーメン 札幌 海鮮

✖ ラーメン 北海道 

このように、広告主の意図するキーワードにマッチするユーザーのみに広告が配信されます。

また、このサーチターゲティングと混同されやすい広告方法には『サイトリターゲティング』や『リスティング』があります。

これらの広告方法の特徴を以下の表にまとめましたので、比較の参考にしてください。

広告方法ターゲティング(絞り込み)方法広告の配信先広告の形式
サーチターゲティング検索履歴ディスプレイ枠内テキスト(文字)と画像
サイトリターゲティングサイトの訪問履歴ディスプレイ枠内テキストと画像
リスティング検索キーワード検索結果のページ内テキストのみ

サーチターゲティングの特徴

サーチターゲティングの特徴は、広告主が意図するキーワードを検索したことのあるユーザーのみに絞り込んで、広告を配信できる所です。

以下では、そんなサーチターゲティングの特徴について、より具体的に解説します。

クリック単価を抑えられる

サーチターゲティングは、CPC(Cost Per Click・クリック単価)が比較的安い傾向があります。Web広告で広く使われているリスティングでは、その人気の高さから競合が多くなっており、現在はクリック単価も高額です。そこで、サーチターゲティングを上手く活用して、幅広くユーザーにアプローチしながら見込み客の獲得に努めてください。

新規見込みユーザーへのアプローチ

サーチターゲティングは、新規の見込み客の獲得に有効な広告方法です。リターゲティングの場合、アプローチするユーザーが以前にサイトを訪れたリピーターであるため、新規の顧客獲得には不向きとされています。その点、サーチターゲティングは過去の検索履歴を参考にターゲティングするため、新規・リピーターを問わず広告の配信が可能です。

デバイスの横断が可能

ユーザーの検索履歴に対してターゲティングを行うサーチターゲティングでは、同じアカウントで登録している複数のデバイス(PCやスマートフォン、タブレットなど)を横断して広告が配信されます。

そのため、PCで検索したキーワードの広告がスマートフォンにも配信され、ユーザーへのアプローチの機会を増やすことができます。

再アプローチが可能

リスティングでは、登録したキーワードにマッチした広告が配信されても、クリックされなければ再度ユーザーがキーワードを検索するまで広告表示はされません。

しかし、サーチターゲティングを使えば、ユーザーの検索履歴に基づいた配信が行われます。

そのためリスティングでスルーされたユーザーに対し、画像付きの魅力あるディスプレイ広告で再度アプローチできるのです。

緊急性の高い商材には向いてない

サーチターゲティングで配信される広告は、過去に検索したキーワードに基づいて配信されるため、今すぐに何かを購入したりサービスを受けたいユーザーには不向きな広告方法です。

ここで言う緊急性の高い商材とは、車の修理や鍵の紛失といった予期せぬトラブルなど、急を要するサービス商材のことを指します。このような商材を扱う企業では、サーチターゲティングの広告効果は期待しにくいでしょう。

サーチターゲティングの仕組みと設定方法

それではここで、実際にサーチターゲティングの仕組みと設定方法を解説します。

以下の手順に沿ってサーチターゲティングの登録をしてください。

①サーチキーワードを作成する

1.まずはサーチキーワードを作成するために『Yahoo!ビジネスマネージャー』にログインします。

あわせて読みたい

2.ログインができたら、管理画面右上にある「ツール」をクリックし、共有ライブラリーの「サーチキーワードリスト」をクリックします。

3.サーチキーワードリストの左上にある、ブルーの「+サーチキーワードリスト作成」をクリック。

4.「サーチキーワードリストを作成する」のページでリスト名を入力。

5.サーチキーワードリストの説明を入力。(任意ですがメインのキーワードとコンバージョンの目的などを入力すると良いでしょう)

6.サーチキーワードを登録します。サーチキーワードはキーワードかURLから選択して探します。

7.今回あなたが設定したいキーワードを入力します。

8.キーワードを入力したら「候補を表示」をクリックします。(※完全一致でキーワードを設定したい場合は「入力したキーワードに完全一致」にチェックを入れます)

9.次に「検索時間」を選びます。検索時間は、キーワードリストごとに有効期限を選択します。

期間は「30日以内」「14日以内」「7日以内」「3日以内」「1日以内」の中から選び、その期間内に

設定したキーワードを検索したユーザーに対して広告を配信する仕組みです。

10.次に選ぶのは「検索回数」です。「検索回数」とは、先ほどあなたが選択した「検索時間」内に「1回以上」「2回以上」「3回以上」のキーワードを検索したユーザーを選び、そのユーザーに対して広告配信する仕組みです。

11.次に「サーチキーワード候補をダウンロード」をクリックするとCSV形式でデータをダウンロードできます。

12.「サーチキーワード候補をダウンロード」すると、Yahoo!JAPANで検索されている関連キーワードが表示されます。その中から、あなたが登録したいキーワードを任意で選択します。すると選んだキーワードが右側の欄に表示されます。

13.もう一度、あなたが選択した「検索期間」と「検索回数」が間違いないか確認してください。

14.最後に「作成」をクリックすればサーチターゲティングリストは完成です。

②キャンペーンを作成する

サーチターゲティングリストの作成が完了しましたら、再度管理画面に戻り、サーチターゲティングリストを「キャンペーン」と「グループ」に紐付けます。

1.画面左から2列目にあるメニューの項目から「サーチキーワード」をクリック。

2.該当する広告キャンペーンとグループを選択すると、サーチターゲティング一覧が表示されるので、紐付けるリストを選択してください。

3.選択した項目を確認し、間違いがなければ「設定」をクリックして紐付け完了です。

③審査確認

キャンペーンの作成が終了したら、実際に配信する広告の内容や画像に審査が入ります。

この審査では、テキストの内容や文字量などがチェックされます。もしも広告のテキスト内容に薬機法違反などがあると、その広告は配信不可能となります。また、画像のサイズや鮮明度、明るさなども審査の対象です。テキストと画像に問題があった場合は、問題部分を調整の上、再度申請を行ってください。

広告の審査を通過したら配信開始です。審査期間は、直接依頼か代理店経由かによっても変わります。最初のサーチターゲティングでは、できるだけ早めに販促計画を行い、余裕を持って開始しましょう。

サーチターゲティングの注意点

サーチターゲティングでは、ユーザーが検索しそうなキーワードを予測し、ターゲットを効率良く絞り込むことが重要です。

以下では、サーチターゲティングを行う際のポイントや注意点を紹介します。

キーワードが自由に選択できない

サーチターゲティングの登録キーワードは、自由に作成し登録することはできません。

サーチターゲティングでは、使用できるキーワードが「Yahoo!ディスプレイ広告」の中ですでに決められており、広告主はその中から選択しなければなりません。

そのため、あまり検索されないようなキーワードの広告は出せない可能性があります。できるだけ多くのユーザーが検索しそうなキーワードでターゲティングを行い、その中から更にターゲットを絞り込んでいく戦略を立てていきましょう。

除外キーワードの設定ができない

サーチターゲティングでは、除外キーワードの設定ができません。除外キーワードとは、広告を配信する際に特定のキーワードを検索したユーザーをターゲットから外す機能ですが、サーチターゲティングでは使えません。そこで、できるだけ「完全一致」の機能を活用し、ユーザーが検索しそうなキーワードの組み合わせを考えて登録しましょう。あなたが提供する商品やサービスの種類にもよりますが、キーワードの組み合わせによる「完全一致」で、より効率良くCPCを下げることができるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?このように、サーチターゲティングは、Yahoo!ディスプレイ広告のみで利用できる効果的な広告方法です。

サーチターゲティングは、商品やサービスの種類によりますが、リスティングやサイトリターゲティングよりも安く広告を配信でき、比較的高いコンバージョン率が期待できます。

サーチターゲティングは、広告作成時にキーワードの組み合わせを考えたり、リストを作成する手間がかかるのがデメリットです。しかし、新規の見込み客の獲得や新しいユーザー層の創出にも広告の威力を発揮することでしょう。現在リスティングやサイトリターゲティングによる広告のみで運用している企業担当者の方は、ぜひサーチターゲティングをお試しください。

\ デジタルマーケティングのことならLifunextへお気軽にお問い合わせ下さい /

LifunextはGoogle・Yahoo!・FaceBook・Twitterの認定代理店です。パートナー会社を選ぶにあたって媒体とのリレーションは重要になります。認定代理店としての独自情報等もご提供できますのでお気軽にお問い合わせください。

各種正規パートナー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次