広告コンサルが活用しているおすすめリスティング広告ツール7種類を紹介

当記事ではリスティング広告ツール選びに迷っている方に向けて、主な種類や選び方、おすすめツールを紹介します。リスティング広告ツールのメリット・デメリットも紹介するため、自社の課題を解決できるかの参考としてお役立てください。

目次

主なリスティング広告ツールは7種類     

主なリスティング広告ツールは7種類あります。ツールの種類と概要、該当するツール例を以下の表にまとめました。

リスティング広告
ツールの種類
概要ツール例
レポートツールレポート作成の自動化が可能Shirofune
アドレポ
自動運用ツール予算管理や入札調整など
運用調整の自動設定が可能
Shirofune
AdSIST
キーワードツールキーワード調査が可能キーワードプランナー
ラッコキーワード
シミュレーションツールリスティング広告配信の
シミュレーションが可能
パフォーマンスプランナー
Lisket
入稿ツール入稿作業の効率化が可能Google広告、
Yahoo!広告キャンペーンエディター
分析ツール広告運用中にデータを収集して
アクセス状況や成果の分析が可能
Googleアナリティクス
Ptengin
Actual RTG分析
Lifunextインサイトサーベイ
タグ管理ツールタグの管理や
貼り付け作業の効率化が可能
Googleタグマネージャー

1:レポートツール5選

ここでは、おすすめのレポートツールを5つ紹介します。レポートツールは、レポートの作成効率の向上が期待できるツールです。レポート作成業務が自動化できれば、分析や改善策の提案に集中して取り組めるようになります。

1-1.Shirofune(有料)

引用:Shirofune

■Shirofuneの特徴
レポートと運用の両方を自動化できるツールです。広告出稿業務から予算管理、レポート作成まですべての過程を自動化できます。そのため、作業工数の大幅な削減が可能です。広告運用のプロがノウハウをシステム化しているため、自動化による運用でも広告パフォーマンス改善やCPA改善が期待できるでしょう。

■こんな方におすすめ
幅広い工程を自動化できるため、大手広告代理店から上場企業まで多くの企業が導入しています。広告業務に割く時間がない企業や、運用にかかわる人材が確保できない企業におすすめです。

■料金プラン
ツール利用料が月額広告費×5%(税抜)のセルフプランと、ツール利用料が月額広告費×5%プラス、サポート料が月額10万円(税抜)のサポートプランの2種類があります。広告運用の経験が少ない企業は、サポートを受けられるプランの方が安心して利用できるでしょう。

1-2.アドレポ(有料)

引用:アドレポ

■アドレポの特徴
アドレポでは、自分の好みに応じて細かくレポートをカスタマイズして作成できるツールです。レポートのテンプレートも豊富なため、カスタマイズするのが難しいという方でも、自社の目的に合わせてテンプレートを選択できます。

■こんな方におすすめ
20媒体以上のデータをAPIやCSVアップロード経由で取り込み、自動で出力が可能です。出力フォーマットは、Excelやオンラインレポート、Googleスプレッドシート、BiqQueryなど豊富に用意されています。リアルタイムなデータを社内で共有したい企業におすすめです。

■料金プラン
料金プランは月額3万円~です。

1-3.ATOM(有料)

引用:ATOM   

■ATOMの特徴
ATOMは、リスティング広告だけではなく、XやFacebook、LINEの広告など幅広い広告のレポート作成に適しているツールです。レポートテンプレートは100種類以上と 豊富なため、目的に合わせて好きな形式を選べます。

■こんな方におすすめ
広告代理店に多く利用されている特徴があり、月次や週次、日次の定期出力に加えて画像の出力も可能なため、クリエイティブ比較レポートも作成可能です。さまざまな角度からリスティング広告レポートの支援ができます。レポート内容にこだわりたい企業におすすめです。

■料金プラン
料金プランは月額5万円〜です。

1-4.Glu(有料)

引用:Glu

■Gluの特徴
Gluは、多くの広告媒体やツールと連携が可能なレポート作成ツールです。業務効率化のために、クライアントや社内で活用するレポート作成の手間を大幅に削減できる広告レポート自動化の実現が可能です。

■こんな方におすすめ
ツール導入後も運用状況に合わせて専門コンサルタントのサポートを受けられるため、運用経験の少ない企業に適しています。プランは、glu Standard、glu Advanced、glu Premium、glu Liteがあり、料金は必要なツールの内容やサポート体制によって変動するため問い合わせが必要です。

1-5.AdSIST plus(有料)

引用:AdSIST plus  

■AdSIST plusの特徴
AdSIST plusは、リスティング広告やSNS広告のレポート自動化ツールです。複数の媒体を1つの画面で確認できるため、確認漏れや予算超過などのリスク軽減が期待できます。

■こんな方におすすめ
広告媒体からはダウンロード不可能なバナーごとの実績もレポート作成できます。また、操作が直感的でわかりやすく、初めてツールを導入する場合は既存ツールからの乗り換えもスムーズに行えるでしょう。専任のサポートチームが初期設定からサポートするため、ツールの扱いに慣れていない企業にもおすすめです。

■料金プラン
料金プランは、広告運用額×0.5%です。また、利用料金の上限は50万円(税抜)に設定されています。

2:自動運用ツール2選

ここでは、おすすめの自動運用ツールを2つ紹介します。自動運用ツールとは、予算管理や入札調整などの運用調整を自動で設定してくれるツールです。完全自動化ではなく、ツールが分析して出してくれた提案を確認し、問題なければ実行する仕様のツールであるため、自分の目で一度確認できるメリットがあります。

2-1.Shirofune(有料)

引用:Shirofune

■Shirofuneの特徴
先ほどもご紹介したようにレポートと運用の両方を自動化できるツールです。広告運用アルゴリズムを搭載しており、Google広告やYahoo!広告など広告媒体の新規広告配信設定や予算管理、自動入札最適化、運用改善施策の提案・実行、レポート作成・分析など広告運用全般の自動化が可能です。

■こんな方におすすめ
広告運用の経験がない状態でも効果的な広告運用を目指せる特徴があります。そのため、広告運用の経験や知識をもつ人材確保が難しい企業にもおすすめです。

2-2.AdSIST(有料)

引用:AdSIST

■AdSISTの特徴
AdSISTは、ネットショップの商品を自動でさまざまなSNSへ拡散できるツールです。GoogleやYahoo!などの広告媒体とネットショップを自動連携できるため、スピーディに自社の商品やサービスをアピール可能です。また、スマートフォンから操作できる手軽さも魅力の一つといえます。広告やネットショップ運営の集客ノウハウを入手したい企業におすすめです。

■料金プラン
料金プランは、月額無料のフリープランから、月額5,000円のスタンダードプラン、月額10,000円のプレミアムプランまであります。自社人材のノウハウやスキルに合わせてプランを選択するとよいでしょう。

3:キーワードツール4選

ここでは、おすすめのキーワードツールを4つ紹介します。キーワードツールとは、入札キーワードの優先順位を決めるために役立つツールです。リスティング広告の運用においてどのキーワードを設定すればよいかをさまざまな視点から提案してくれます。

3-1.キーワードプランナー(無料)

引用:キーワードプランナー

■キーワードプランナーの特徴
キーワードプランナーは、Google広告内で利用できます。Google広告を運用している場合であれば無料で利用できるため、広告運用を始めたばかりの際に取り入れやすいツールです。キーワードに対する「検索ボリューム」「キーワードの競合性」の確認ができ、集客が期待できるキーワードの選出に役立ちます。

■こんな方におすすめ
自社のWebサイトやメインキーワードから、新しい関連キーワードの取得が可能です。Google検索エンジン上のデータを活用できるため、Google広告でリスティング広告を運用している企業におすすめのツールといえます。

3-2.ラッコキーワード(無料)

引用:ラッコキーワード 

■ラッコキーワードの特徴
ラッコキーワードは、指定したキーワードの複合ワードを一覧で抽出してくれるツールです。キーワードプランナーとあわせて利用することで、検索ボリュームのあるキーワードを選出しやすくなります。

■こんな方におすすめ
新しいコンテンツ制作におけるライティングや既存コンテンツのリライト、コンテンツ全体の企画時などに活用可能です。こちらのツールは、手軽にキーワード調査を行いたい企業におすすめします。

■料金プラン
こちらのツールは基本的に無料で利用可能です。使用できる機能を増やすためには、月額440円の支払いが必要です。

3-3.Ahrefs(有料)

引用:Ahrefs  

■Ahrefsの特徴
Ahrefsは、豊富な機能が特徴のSEO分析ツールです。リスティング広告でも活用でき、無料のキーワードツールでは網羅できない競合性の低いキーワード検索を得意とします。

また、世界最大級のデータ保有量を活かした被リンク分析も特徴の一つです。被リンクはコンテンツや自社サイトの評価を上げるために欠かせない項目のため、Ahrefsによる被リンクの計測が役に立つでしょう。

■料金プラン
4つの料金プランがあり、ライトは12,500円~、スタンダードが25,000円~、アドバンスドが50,000円~、エンタープライズが125,000円~です。年額プランを選択すると、2か月分が無料になります。

3-4.Semrush(有料)

引用:Semrush   

■Semrushの特徴
Semrushは競合分析ツールで、リスティング広告のみならずSEOやSNSなどデジタルマーケティングのあらゆる領域をサポートできます。

■こんな方におすすめ
Semrushが保有する圧倒的なデータ量によって信頼性の高いデータ抽出が可能です。信頼性の高いプロバイダーから提供されるデータやSemrushのクローラーが収集したデータなどを、独自のアルゴリズムや機械学習により組み合わせデータベースを構築しています。幅広いサポートを必要とする企業におすすめのツールです。

■料金プラン
料金プランは3つあり、Proプランが税込$142.95、Guruプランが税込$274.95、Businessプランが税込 $549.95です。年間プランは、月間プランの16%オフ価格で利用できます。

4:シミュレーションツール3選

ここでは、おすすめのシミュレーションツールを3つ紹介します。シミュレーションツールとは、リスティング広告に配信するキーワードの配信結果をシミュレーションできるツールです。事前に結果を予測することでCPA(顧客獲得単価)を広告出稿前に確認できます

4-1.パフォーマンスプランナー(無料)

引用:パフォーマンスプランナー

■パフォーマンスプランナーの特徴

パフォーマンスプランナーは、Google広告内で利用できる無料のシミュレーションツールです。機械学習を活用しており、新しいキャンペーンの発見を示してくれます。予算を変更した際の数値変動や、設定したCPAでどのくらいコンバージョンが獲得できるか、キャンペーン予算の適切な予算配分はどのくらいかなどを予測してくれます。

パフォーマンスプランナーを活用するための条件は以下のとおりです。

・72時間を超えて運用している
・過去7日間で3回以上のクリックがある
・過去7日間のコンバージョンが1回以上発生している

広告予算を明確化して計画的に運用したい企業におすすめです。

4-2.Yahoo!広告内のキーワード見積もり機能(無料)

引用:キーワード見積もり機能   

  Yahoo!広告内のキーワード見積もり機能は、Yahoo!広告内で利用できる無料のシミュレーションツールです。1日あたりの推定合計コストやキャンペーン予算を算出してくれます。また、この機能に加えて、Yahoo!広告スタッフが、サイト集客につながる検索キーワードや1クリックあたりの目安料金をあわせて提供してくれます。
Yahoo!広告を運用している企業や、これから活用を検討している企業などにおすすめです。無料で利用できるため、初めてYahoo!広告を出稿する際に便利なツールといえます   。

4-3.Lisket(有料)

引用:Lisket

■Lisketの特徴
Lisketは、リスティング広告やSNS広告など複数の広告をまとめて管理できるツールです。キーワードかけ合わせ機能が備わっているため、キーワードの抽出が効率的に行えます。

メインキーワードと月間予算・予想CVRを入力すると、クリック数やCV数、CPAを簡単に予測可能です。Google広告やYahoo!広告の詳細な広告成果シミュレーションもできます。

■こんな方におすすめ
広告媒体アカウント一元管理や広告媒体レポート自動作成などの機能も備わっているため、広告代理店におすすめできるツールです。

■料金プラン
料金プランは1つのみで、広告アカウント100アカウントまでを上限として月額22,000円(税込)で利用可能です。

5:入稿ツール

ここでは、おすすめの入稿ツールを紹介します。入稿ツールとは、その名のとおり入稿作業の効率化を図れるツールです。

5-1.Google広告、Yahoo!広告キャンペーンエディター(無料)

引用:Google広告 キャンペーンエディター  
引用:Yahoo!広告キャンペーンエディター

Google広告、Yahoo!広告キャンペーンエディターは、各媒体で提供されている入稿を効率的に行えるツールです。一度に複数のキャンペーンに広告やキーワードを入稿したり停止したりできるツールで、入稿の数が多い場合に重宝します。

6:分析ツール3選

ここでは、おすすめの分析ツールを4つ紹介します。分析ツールとは、広告運用中にデータを収集して、アクセス状況や成果を分析するためのツールです。長期的に広告運用する場合は、分析と改善を繰り返し、最適な広告を出稿し続ける必要があります。そのため、分析ツールを利用すると効果的な改善を実施しやすくなるでしょう

6-1.Googleアナリティクス(無料)

引用:Googleアナリティクス 

■Googleアナリティクスの特徴
Googleアナリティクスは、Googleが提供するアクセス状況の分析ツールです。無料で利用できるため、分析ツールの活用に慣れたい方に適しています。無料でありながらも、強力な解析能力を持っている点が特徴です。Googleアナリティクスでは、閲覧したユーザーの情報や、どのページが閲覧されているか、リスティング広告経由での成果はどのくらいかなどを確認できます。

■こんな方におすすめ
戦略を立てたい場合や効果検証を行いたい場合、進捗状況を追うモニタリングを行いたい場合におすすめのツールです。

6-2. Ptengine(有料)

引用:Ptengine   

■Ptenginの特徴
Ptenginは、アクセス解析やヒートマップ解析、パーソナライズ、ABテスト、Web接客、アンケート調査など、さまざまな分析手法を利用できる総合型分析ツールです。

企業サイトやECサイト、ネットショップなどにおいてユーザーインサイトを提供します。ユーザーに合わせた適切なコンテンツ表示を可能にし、ユーザーが必要とする情報を的確に届けるサポートを行ってくれるでしょう。設定は1日で完了できるほど手軽で、誰でも使いやすいデザインも魅力の一つです。

■料金プラン
料金プランは3つあり、Freeプランは月額無料、Growthプランは月額6,578円(税込)~、Premiumプランは詳細の問い合わせが必要です。

6-3.アドエビス(有料)

引用:アドエビス 

■アドエビスの特徴
アドエビスは、マーケティング分析を中心とした広告運用管理ツールです。ユーザー分析や複数の媒体へ出稿している広告の閲覧数比較などが可能です。誰が見てもすぐにわかるレポートを自動作成できる特徴があります。ダッシュボードのカスタマイズも可能なため、自社が見たい情報の可視化が容易に行えます。

■こんな方におすすめ
複数の広告を運用している中で、より正確な広告レポートを作成したい企業におすすめのツールです。

■料金プラン
アドエビスは導入にかかる初期費用が無料で、月額のサービス利用費用は「基本料金(定額)+従量課金」で利用できます。基本料金は契約プランによって異なるため、利用を検討する際はお問い合わせで確認しましょう。

6-4.Actual RTG分析(有料)

引用:Lifunext

■Actual RTG分析の特徴
Actual RTG分析は株式会社Lifunextが提供する広告効果分析サービスです。自社において打ち出す広告メニューがどの程度売上に効果をもたらしているかを統計学を用いて分析可能です。時間帯や曜日エリアなどさまざま属性を元にランク付けできるため、施策の進退をスピーディーに判断可能です。

■こんな方におすすめ
広告メニューのより的確な判断を行いたい、広告の運用から改善までテンポよく進めたい企業に適しています。

料金プラン
1回50万円~になります。実施要件により金額が異なるため、要見積もりになります。

6-5.Lifunextインサイトサーベイ(有料)

引用:Lifunext

■Lifunextインサイトサーベイの特徴
Lifunextインサイトサーベイは自社開発のサイト内アンケートツールです。実際の行動履歴に基づいてアンケートの回答を得られるため整合性が高く、かつ有益なデータを集められます。近年はユーザーのニーズが多様化していることから、生の声を集められる点が魅力的です。

■こんな方におすすめ
Lifunextインサイトサーベイは行動履歴だけでなく「より顧客のリアルな声を聞いてダイレクトに反映したい」と考える方におすすめです。

■料金プラン
実施要件により金額が異なるため、要お問い合わせになります。

7:タグ管理ツール

ここでは、おすすめのタグ管理ツールを紹介します。タグ管理ツールとは、その名のとおりタグの管理や貼り付け作業を効率化するツールです。

7-1.Googleタグマネージャー(無料)

引用:Googleタグマネージャー

Googleタグマネージャーは、Googleが提供しているタグ管理ツールです。特殊な設定を行いたい場合は、HTMLやCSSの知識が必要ですが、基本的なタグ設定に利用する場合であればコードの知識がなくても問題なく使用できます。Googleタグマネージャーの利用により、タグを1つずつ貼っていく作業や修正作業が効率よく進められます。

また、タグの設置を外部委託しやすくなることもメリットの一つです。Googleタグマネージャーの権限を広告代理店に付与すれば、そのままタグの設置を依頼できます。自社での設定や依頼先とのやり取りが削減できるため、スムーズなタグ設置が可能です。

リスティング広告ツールの選び方

ここでは、リスティング広告ツールの選び方を紹介します。リスティング広告ツールの効果を最大限発揮させるためには、自社にあったツール選びが大切です。目的に合わせて適切なツールを選びましょう。

自社の課題に合った機能

自社にあったリスティング広告ツールを導入するためには、自社の課題を解決できる機能が備わっているかを確認しましょう。そのためにもまずは、自社の課題と目的を明確にします。現段階の広告運用で何に困っているかを洗い出しましょう。効果が出ないと悩んでいる企業もあれば、広告費用がかさみ予算が圧迫されていると悩んでいる企業もあり、課題は企業によってさまざまです。課題を解決し、最終的にどのような状況にもっていきたいかを明確にすると、必要な対策や機能が見えてくるでしょう。

運用する広告媒体への対応

まだ広告運用を始めていない場合は、リスティング広告ツールを導入する前に、運用する媒体の出向先を決めましょう。Google広告やYahoo!広告などの出稿先の媒体に対応しているツールを選択する必要があるためです。充実した機能が備わっていても、広告媒体に対応していなければ効果を発揮できません。

実際の操作の快適性

リスティング広告ツールを活用する担当者が操作しやすいツールを選ぶのも大切です。自社で継続して運用していくためにはUIも大切です。操作性がよくなければ、作業に時間がかかってしまい効率よく運用ができません。そのため、決定権を持っている上層部だけではなく、実際に運用を担当する社員にも導入前に必ず操作性をチェックしてもらいましょう。

サポート体制の充実度

リスティング広告ツールの利用が初めての場合や、広告運用の経験が少ない担当者の場合は、導入前から運用中までサポート体制が整っているツールを利用しましょう。またツール導入時はわからないことも多く、トラブルがつきものです。そのため、導入時のトラブルに対して迅速に対応してくれるツールを選ぶ必要があります。

また、リスティング広告ツールを上手く活用できるまでにも時間がかかるでしょう。導入後も継続してサポートを行ってくれるツールであれば長期的に見ても安心して利用できます。

リスティング広告ツールを活用して運用の効率化を図ろう!

リスティング広告ツールは、自社広告の運用を効率化し、広告の効果を高めてくれると期待できます。しかし、ツールの利用はあくまでも手段です。ツールを利用して作業の効率化を図った先に、どのような結果を望んでいるかを明確にしてツールを導入するとよいでしょう。目的や目標が定まっていれば、必要な機能がおのずと見えてきて、自社にあったツール選択ができるといえます。

ホワイトペーパーダウンロードはこちら

初心者向け!これからリスティングを始める方におすすめ

ホワイトペーパーダウンロードはこちら
知らないと損する!絶対抑えるべきリスティング広告の運用ポイント

リスティングの必須事項を抑えておきたい方におすすめ

\ リスティング広告のことならLifunextへお気軽にお問い合わせ下さい /

LifunextはGoogle Partnerです。パートナー会社を選ぶにあたって媒体とのリレーションは重要になります。認定代理店としての独自情報等もご提供できますのでお気軽にお問い合わせください。

各種正規パートナー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次