Youtube広告の種類一覧 – 選び方から課金方式までを解説

Youtube広告の種類一覧 – 選び方から課金方式までを解説

一般的に、YouTube広告と聞いて頭に思い浮かぶのは、5~30秒程度の動画広告ではないでしょうか。しかし、実際にYouTubeへ掲載できるのは動画広告だけではありません。

この記事ではYoutube広告の種類を一覧にしてご紹介していきます。

・YouTube広告はGoogle広告で管理する配信先の一つ

YouTube広告はそれ自体が独立しているわけではありません。Google広告のキャンペーンタイプ一覧として検索広告やディスプレイ広告の動画キャンペーンによる配信先の一つとして、YouTubeがあります。

そのため、広告の配信設定などはYouTubeで行なうのではなく、Google広告の管理画面から行ないます。

あくまでGoogle広告を配信する先の1つがYouTubeという位置づけなので、YouTube以外でも、動画広告が配信できるGoogleディスプレイネットワーク上のWebサイトやアプリに表示できるのが特徴です。

Youtube広告が選べるキャンペーン目標は6つ

YouTube広告を配信するには、まずGoogle広告のキャンペーン目標を選択する必要があります。

キャンペーン目標は全部で8つありますが、Youtubeに広告を配信できるのはこのうちの6つです。

「見込み顧客の獲得」「ウェブサイトのトラフィック」「商品やブランドの比較検討」「ブランド認知度とリーチ」「販売促進」「目標を設定せずにキャンペーンを作成する」のどれかから、6つの広告の配信目的を選択しましょう。

キャンペーン目標を設定した後は、広告のフォーマットであるキャンペーン一覧から「動画」タイプを設定すれば、YouTubeへ動画広告を配信することができます。

キャンペーンのサブタイプとは?

キャンペーンタイプで動画を選択した後は、サブタイプを選択する必要があります。

キャンペーンのサブタイプとは、先ほど選んだキャンペーン目標を達成するために必要なアクションのことです。広告フォーマットと紛らわしい名前のものもあり混同してしまいがちなので、注意が必要です。

配信効果をUPするためにYouTube広告の種類を把握しよう

YouTube広告のフォーマットの一覧と課金方法

ここでは、キャンペーンタイプを「動画」とした際に選べる動画広告の種類一覧について解説します。キャンペーン目標によっては選択できないタイプもあるため、以下を読んで事前に確認しておきましょう。

・スキップ可能な動画広告

全てのキャンペーン目標で選ぶことができます。ユーザーが動画を再生する前後や再生中に表示され、5秒経過するとスキップ可能になる動画広告のことです。PCやスマホだけでなく、テレビやゲーム機での視聴でも表示されます。

・スキップ不可の動画広告

キャンペーン目標が「ブランド認知度とリーチ」または「目標なし」の場合に選択できます。15秒以下の短い動画広告です。スキップ可能なインストリーム広告と違い、PCとスマホのみの表示になります。課金方法は、1000回表示されるごとに課金されるCPM方式です。

・バンパー広告

キャンペーン目標が「商品やブランドの比較検討」「ブランド認知度とリーチ」「目標なし」いずれかの場合に選択できます。動画再生中、最長6秒間表示されるスキップ不可能な動画広告です。PCとスマホで表示可能です。課金方法はスキップ不可のインストリーム広告と同じく、CPM方式となっています。

・アウトストリーム

「ブランド認知度とリーチ」をキャンペーン目標にした場合に選択できるモバイル専用の広告で、ミュートされた状態で再生されます。YouTube以外でも動画広告が掲載できるGoogleアドネットワーク上に配信できるのが特徴です。課金方法は、ユーザーが広告を視認できる場合にカウントし、1000回表示ごとに課金されるCPM方式です。

・TrueView ディスカバリー広告

キャンペーン目標に「商品やブランドの比較検討」か「目標なし」を設定した場合に選択できます。YouTubeのモバイルトップページや検索結果画面、関連動画の横に表示される動画広告です。クリックで課金されます。

・動画以外の広告

YouTube広告の一覧には、動画の近くに表示されるディスプレイ広告やオーバーレイ広告など、動画広告以外にも種類があります。

Youtube広告というと動画のイメージが強いと思いますが、ターゲティングや目標に合わせて使える広告タイプを把握しておきましょう。

まとめ

YouTube広告の種類一覧から、そのフォーマットを決めるための設定や課金方式に至るまでをご紹介してきました。特に、キャンペーンの目標やサブタイプの設定ではわかりにくい部分がありますが、効果的な配信のためには、しっかり役割を理解してから取り組みましょう。

\ デジタルマーケティングのことならLifunextへお気軽にお問い合わせ下さい /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる