【初心者向け】Googleアナリティクスの目標設定方法について解説

「Googleアナリティクスの目標設定ってなんだろう……」

デジタルマーケティングの担当になってから間もない方で、悩んでいる方はいませんか。

実際に目標設定をしようとしても、どうすればいいか迷う方が多いのではないでしょうか?

今回はそんな方々のために、Googleアナリティクスの目標設定方法について解説していきます。

目次

Googleアナリティクスの「目標」の設定と

アクセス解析において、目標は重要な指標の一つです。

目標とは、担当している自社サイトの成果を数値化し、現状や問題点を把握するためのものです。

Googleアナリティクスにも同様の仕様があり、次の二つのことがわかります。

  • コンバージョン(conversion:CV):Webサイトにおける最終的な成果の数、目標を達成したセッション数
  • コンバージョンレート(Conversion Rate:CVR):目標を達成した割合

最終的な成果とはそれぞれのWebサイトで、「ユーザーに期待する行動」によって定義が異なります。

成果の具体例としては、次のような行動が挙げられます。

  • 特定のページを閲覧
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 商品またはサービスの購入

コンバージョンレートは、どれくらいのユーザーが成果に結びついたのか、割合を数値化したものです。

成約率とも呼ばれることもあります。

Googleアナリティクスの目標設定を使って、コンバージョンやコンバージョンレートを把握することで、運営しているサイトの現状や、改善点を把握することに役立ちます。

目標の定義をする

ここからは、実際に目標設定を行うために、目標の定義をします。

先述しましたが、どのような自社のサイトを運営しているかによって、定義する内容が変わります。

  • 商品の売買やサービスを扱うサイトを運営している

→商品を購入してほしい

  • 求人サイトを運営している

→サイトの会員登録をしてほしい

  • 不動産サイトを運営している

→物件の相談をして欲しい

  • コーポレート系サイトを運営している

→資料請求をしてほしい

運営するサイトによって目標設定は変わりますので、それに合わせて設定していきましょう。

また、「目標到達プロセス」というものを活用することで細かい条件設定も可能です。です。

【滞在時間】

指定した時間よりも、長いセッションが発生したときコンバージョンとしてカウント

【ページビュー数】

指定した数よりも多く、ページにアクセスした場合カウント

【イベント】

外部リンクや電話をかけるボタンのクリック、ファイルのダウンロード、動画の再生などした場合カウント

状況に応じて使い分けましょう。

URLの確定

先ほど明確にした「ユーザーに期待する行動」が起きたとき、表示されるページのURLを目標設定として確定させます。

URLを正しく設定してないと、コンバージョンを正しく計測することができないので注意が必要です。

Googleアナリティクスでは「到達ページ」の項目で、目標として設定できます。

  • 商品を購入して欲しい

⇒商品購入完了後に表示されるページのURL

  • 会員登録して欲しい

⇒会員登録完了後に表示されるページのURL

Googleアナリティクスは、複数のページを目標設定として登録することも可能です。複数商品またはサービスを扱うサイトであれば、その商品ごとに購入や登録完了後のURLを設定するとよいでしょう。目標設定するURLを決めたら、メモしてください。

※URLを設定するときの注意点

URL末尾にセッション毎で異なるパラメーターが付与される場合があります。

後述するGoogleアナリティクスの設定では、とりあえず先頭一致で入力しておくと安全です。

(例)AA.jp/complete.html?**(「?」以下がパラメーター)

購入エラーページなども類似の規則性を持つ場合があります。

そちらに含むと正確性に欠けますので、目標に関連するURLを詳細に調べましょう。

(例)購入失敗 AA.jp/complete_error.html

Googleアナリティクスで目標を設定する

ここからはGoogleアナリティクスで目標設定するための操作方法を説明します。

Googleアナリティクスのホームから「管理」をクリックします。

「ビュー」内の「目標」をクリック。

「新しい目標」をクリックします。

「カスタム」にチェックを入れます。

その後「続行」をクリック。

目標の説明欄にある「名前」は『購入完了』や『会員登録完了』などどの目標かがわかるようにに入力します。

「目標スロットID」はそのままで大丈夫です。「タイプ」の欄は、「到達ページ」にチェックを入れます。

入力が完了したら、「続行」をクリック。

先ほど確定させたURLを入力します。

入力するURLの部分は、ドメイン部分の後、”/”以降の部分だけを入力します。

(例)

abc.jp/index 

※/index部分のみを入力

また、入力したURLと到達ページとして設定するページが、どのような条件のときコンバージョンとして測定するのか条件を選びます。

条件には次の3つがあります。

  • 「等しい」:目標設定したURLと到達ページとして入力するURLが正確に一致
  • 「先頭一致」:URLの先頭が一致
  • 「正規表現」:前方一致ではなく「○○を含む」など自身で設定した条件に一致
等しい目標URLが1つしかない場合(例)AA.jp/thanks.html→”/thanks.html”を入力
先頭一致先頭部分が同じで目標URLが複数ある場合(例)AA.jp/thanks○○.html(○○は異なる文字列)→”/thanks”を指定
正規表現等しい、先頭一致には該当せず、他に規則性がある場合(例)AA.jp/△△thanks.html(△△は異なる文字列)→”/(.*)thanks.html”を指定 など※正規表現は複数パターンがあります。

到達ページの記入が終わったら、「保存」をクリックします。

以上、Googleアナリティクスでの目標設定は完了となります。

まとめ

今回はGoogleアナリティクスの目標設定について解説してきました。

しかし、目標設定をした後にその数値をどう見ていくかが重要になり、

Webサイトの成果を可視化するだけでは、課題を解決することはできません。

もし、「目標を最大化したい」や「Googleアナリティクスの設定で方法についてわからない」といった

お悩みをお持ちの方は、Lifunextに相談お問い合わせください。

\ デジタルマーケティングのことならLifunextへお気軽にお問い合わせ下さい /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる