ボトルネックとは?事業課題解決に重要な「TOC理論」と使い方を解説!

ビジネスシーンや製造業などで用いられるボトルネックとは「全体からみて最も効率性・生産性」の低い部分を意味します。ボトルネックは改善されるべき部分ですが、改善方法が会社別に曖昧であるために時間がかかってしまったり費用を投じても改善できないことが多くあります。

ここでは、ボトルネックという言葉の意味とボトルネックを解消するための理論や方法について詳しく解説します。

目次

ボトルネックとは

ボトルネックの意味

ボトルネックとは、特定の作業全体において最も効率性や機能性低い部分を指す言葉で、主にビジネスシーンや製造業などで使われれます。

ワインボトルの注ぎ口に進むにつれて少しずつしかワインを注げない部分から名付けられた由来の通り、目的を達成する際に最も障害となる部分のことを言います。

言い換えればボトルネックを特定することで全体的な生産性や効率性の向上が測れるため、ボトルネックという言葉自体がマイナスの意味だけで捉われることもなく、相対的な意味合いで使われることが多いです。

問題点と課題

ビジネスや製造業などでは、ボトルネックという言葉は多く用いられますが、実際にボトルネックがあるとどんな問題があるのでしょうか。

ボトルネックが引き起こす問題は主に3つ。

「生産性・効率性の低下」「無駄な経費の浪費」「精神的負担」が挙げられます。

ボトルネックは、作業や事業の目的を達成する際の障害となり得る部分のこと。つまり、このボトルネックが存在していることで本来の生産性や効率性よりも低い水準となってしまいます。

生産性や効率性が低い状態が続くと、事業や作業が円滑に進まなくなり、結果として無駄な人件費や時間を浪費してしまうことになりかねません。

経営層はこのボトルネックを意識することで本来の業務に支障をきたすケースも多くあり、精神的余裕がなくなり業績も低下してしまうでしょう。

ボトルネックは、単に一部に問題を引き起こしてしまうのではなく、連鎖的にその事業や作業工程に悪影響をもたらすことになりかねません。

それでは、実際にボトルネックはどういった形で存在するのでしょうか?

以下でボトルネックに関する具体例を確認していきましょう。

ボトルネック具体例

ビジネスシーンの場合

ビジネスシーンで多く用いられるボトルネックの要因は様々です。

例えば、ある製品を市場に流通させたい売り上げをあげたい企業が、製品の評判は良いものの営業力がないために顧客を継続して獲得できない場合は、営業部門がボトルネックとなります。

その中でも営業部門が「なぜ製品を売れないのか」という理由が営業部の人材不足の場合、営業部の人材不足がボトルネックとなります。

ボトルネックは細分化していくことで、より明確な理由と要素が見つかるため、ビジネスシーンでは客観的にボトルネックは何かを調査していく必要があるでしょう。

製造業の場合

製造業では、ある程度製造ラインが決まっていることが多いため、ビジネスシーンと比較してボトルネックを特定することは難しくないでしょう。

例えば、機械を組み立てる工場で全ての製品を機械が組み立てており、最終的に人間がチェックをしている流れがあったとします。その機械の製造に時間がかかりすぎており、生産性が低い場合は人間のチェックにかける時間がボトルネックと言えるでしょう。

では、このようなボトルネックを改善するにはどうすれば良いのでしょうか?

以下ではボトルネックを改善するための方法について解説していきます。

TOC理論(制約理論)とは

ボトルネックの改善には、TOC理論(制約理論)という理論を用います。

TOC理論とは、イスラエルの物理学者エリヤフ・ゴールドラット氏が提唱した理論で、ボトルネックとなる部分を集中的に管理し生産性・効率性の最適化を図ることを言います。

TOCを活用したボトルネック解消方法

ボトルネックの特定

ボトルネックを解消するためにはまず、全体的な事業や作業工程からどこがボトルネックとなっており、ボトルネックを構成している要素は何かを特定しましょう。

ただ「人材不足だから」と安易にボトルネックを決めつけ、採用費用を多くかけたとしても、人材不足を構成する要素が社員のマネージメント力の低さであった場合、ボトルネックは解消されないでしょう。

まずはボトルネックを特定し、その仮説が正しいかどうかを検証します。

ボトルネックをどう活用するか考える

次にボトルネックをどう活用すべきかを考えます。

特定されたボトルネックが事業や作業工程にどれほどの悪影響を与えているのかを客観的に見積もり、そのボトルネックを改善するためにはどうすればよいのかを考えます。

いわばこの工程は、ボトルネックを改善するための「計画立て」のようなイメージに近いでしょう。

ボトルネックに合わせる

ボトルネックの活用方法がわかったあとは、ボトルネックを改善するのではなく、他の作業工程を効率化し、今あるボトルネックをカバーできないかを考えます。

事業や作業工程の中には、どうしても改善できないボトルネックが存在します。そういったボトルネックの改善に工数をかけるより、他の部分を改善し補えるようであればボトルネックを根本的に改善するより効率的かつ生産的です。

ボトルネックを改善

ボトルネックに合わせてみて、それでもボトルネックの改善の余地がある場合は改善していきましょう。

ボトルネックが何か、ボトルネックを構成する要素を鑑みて、人材補強や投資を行いボトルネックを改善していきます。

新たなボトルネックが発生

ボトルネックは常に相対的であるため、ボトルネックを改善すると次に生産性や効率性の低いボトルネックが発見できることでしょう。次のボトルネックが発生した場合は、またボトルネックの特定からはじめましょう。

発見・改善のサイクルを徹底的に繰り返す

最後に、これまで解説してきたボトルネックの発見と改善のサイクルを繰り返し行うことでより事業や作業工程の生産性や効率性を引き上げることができます。

こう言ったサイクルを常に行い、事業や作業の更なる生産性・効率性の向上を図りましょう。

まとめ

この記事ではボトルネックの意味とボトルネックの具体的な解消方法について紹介しました。ボトルネックを解消するには、費用がかかることもあるため、無計画に改善してしまっては費用が無駄になってしまうこともあります。

そこで、今回ご紹介したボトルネックの解消方法と改善の流れを活用して計画的にボトネックを解消してみてください。

\ デジタルマーケティングのことならLifunextへお気軽にお問い合わせ下さい /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる