【必見】コンテンツマーケティングとは?メリット・デメリットを解説

『コンテンツマーケティング』という言葉を聞いたことがあるけど『漠然としたイメージしかない』『なんだか良くわからない』という方も多いのではないでしょうか?

企業のマーケティング担当者が、コンテンツマーケティングを理解することで、効果的なインバウンドマーケティングを行うことができます。そして、新規顧客の獲得や既存客との良好な関係を維持し、売上げの向上と安定を目指せるでしょう。

そこで今回は、コンテンツマーケティングについて、その特徴やメリット・デメリットを詳しく解説致します。企業のマーケティングに関わる方は、ぜひ参考にしてください。

目次

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、コンテンツ(価値のある情報)を使い、ユーザーとコミュケーションを図りながらマーケティング活動を行う、インバウンドマーケティングの1つです。

よくある間違いとして、コンテンツマーケティングで使う情報を『広告』と勘違いされることがあります。例えば、商品やサービスの割引クーポンをSNSで配布したり、DMで既存顧客や新規顧客にカタログを送付すること。これはアウトバウンドマーケティングと呼ばれる手法で、コンテンツマーケティングとは異なります。

以下では、コンテンツマーケティングの重要な3要素を解説します。

  • コンテンツマーケティングの特徴
  • コンテンツマーケティングの重要性
  • コンテンツマーケティングにかかる時間と費用

コンテンツマーケティングの特徴

コンテンツマーケティングの特徴は、広告とは違う『価値のある情報』を使い、新規顧客の集客や既存顧客の管理を行うところです。

コンテンツマーケティングでは、オンラインとオフラインの媒体を利用してマーケティングを行います。

オンラインを利用したコンテンツマーケティングでは、次の様な媒体を利用します。

  • SNS
  • メール
  • 動画配信 など

SNSやメール、動画配信といったオンラインのコンテンツマーケティングでは、ユーザーの課題を解決する有益なコンテンツを配信します。そして、そのコンテンツを読んだり見たりしたユーザーとの良好な関係を構築、継続していきます。

オフラインでは、以下の様な媒体でコンテンツマーケティングを行います。

  • セミナー
  • 会報
  • 雑誌 など

各種セミナーや会報、雑誌などを用いた情報提供も、オフラインのコンテンツマーケティングと言えます。この場合も、提供するのはあくまで有益な情報です。直接ものを売るのではなく、顧客に有益な情報を提供し、将来の商品やサービスの購入に繋げます。

このように、コンテンツマーケティングでは、直接売上げに繋がるアクションを行いません。インバウンドマーケティングの特徴でもある『顧客を惹きつける』→『顧客と信頼関係を構築する』→『顧客を満足させる』→『顧客を惹きつける』…という、長期にわたる企業の成長に繋げることが目的となります。

コンテンツマーケティングの重要性

コンテンツマーケティングの手法が重要視されるようになった理由は、以下の3つにあると言われています。

  • ユーザーへの情報伝達手段が変化したこと
  • アウトバウンド広告が歓迎されにくいこと
  • Googleがコンテンツの質を重視していること

以下では、この3つをそれぞれ解説します。

ユーザーへの情報伝達手段が変化

オフラインでの情報伝達が主流だった頃は、ユーザー自らが雑誌などの情報を購入していました。しかし、今ではPCやスマホで、ユーザーが欲しい情報をいつでも無料で取得できます。そこで、企業は広告からコンテンツの提供へとシフトし始めているのです。

アウトバウンド広告が歓迎されにくい

現在では、商品やサービスの販売にもオンラインが普及し、ユーザーがWebサイトから自分で好きな商品やサービスを選んで購入する機会が増えています。そのため、従来のアウトバウンド型の売込み広告の手法は、ユーザーから敬遠される傾向が強まっています。

Googleがコンテンツの質を重視している

検索エンジン最大手のGoogleは、近年コンテンツの質を重視するようになり、広告を出す際も提供するコンテンツ内容を精査しています。そこで、潜在的なユーザー層に訴求し、顧客へと育てていくコンテンツマーケティングが注目されているのです。

コンテンツマーケティングにかかる時間と費用

コンテンツマーケティングを行う際には、広告としての費用はほとんど掛かりません。しかし、質の高いコンテンツを継続して配信しなければならないため、コンテンツの制作に対する時間や費用が必要となります。

コンテンツマーケティングを成功させるには、最低でも1年~2年以上コンテンツを継続して配信しなければなりません。また、そのコンテンツからマネタイズをするには3年以上かかるとも言われています。 

費用面では、コンテンツをどのように配信し、運営していくかによって費用は大きく変わるでしょう。オウンドメディアやSNSを使い、制作も内製化できるのであれば、数十万円でも十分可能です。しかし、オフラインの会報や情報誌を配布する場合には、毎月数百万円かかる可能性もあります。

そこで、自社の商品やサービスの特性を理解し、マーケティング戦略に見合った運用を行うことが重要です。

コンテンツマーケティングのメリット

次に、コンテンツマーケティングのメリットについて、以下の6つの項目で解説します。

  • 実施しやすい
  • コンテンツが資産になる
  • SNSとの相性が良い
  • 外注がしやすい
  • Googleがコンテンツを重視している
  • 集客効果が高い(狙い撃ちが可能)

実施しやすい

コンテンツマーケティングは、良質なコンテンツとそれを載せるプラットフォームを選択するだけで運用を開始できます。

コンテンツの作成に際しては、ペルソナ設定やキーワードの選定を行い、成果の目標に向けてマーケティング戦略を構築しましょう。戦略の設計ができたら、後はコンテンツを量産していきます。

このように、コンテンツマーケティングは、他のWebマーケティングに比べると初期費用や導入までのプロセスに対するハードルが低いのがメリットです。まずは、自社の商品やサービスに対するユーザーの潜在的欲求を満たす情報をオンラインに載せて発信してみること。そして、Googleアナリティクスやサーチコンソールなどの無料の解析ツールで、ユーザーの反応を確認しながら、コンテンツの質を高めていきましょう。

コンテンツマーケティングでは、広告のような費用の発生がなく、あらかじめ設定した費用内で運用できるのも大きなメリットです。

コンテンツが資産になる

一般的な広告とコンテンツマーケティングの違いは、一度発信したコンテンツが、運用を辞めない限り半永久的にWeb上に残るという点です。

コンテンツの作り方によっては、それぞれのコンテンツにストーリー性を持たせることもできます。自社の商品やサービスの利点だけでなく、リリースするに至った経緯や思いなど、ユーザーの心に刺さるコンテンツを作ることを心掛けてください。そうすることで、たった1つのコンテンツが大きな資産となり得るのです。

このようにしてロングテールキーワードのコンテンツを積み重ねて行けば、Googleからの評価も上がり、更なるコンテンツの価値の向上が見込めます。

SNSとの相性が良い

コンテンツマーケティングにおいては、SNSの活用が欠かせません。商品やサービスを写真とテキストで拡散したり、動画を使って紹介するのも効果的です。

近年では、コンテンツマーケティングとSNSの相性の良さを上手く利用して“バズ”らせることで、一気に市場に広まった商品も少なくありません。一度バズったコンテンツは、長期的にあなたの商品やサービスを紹介するサイトへの導入口となってくれます。

紹介したい商品やサービスを使うユーザー層から、効果的に発信できるSNSの種類を選びましょう。

外注がしやすい

これまでにコンテンツ作成やWeb広告などを作成したことのない企業の場合は、上手くコンテンツマーケティングを始められないことも考えられます。そんな時は、コンテンツの作成から運用までを外注しましょう。

まずはプロの制作会社にコンテンツ作成を依頼し、質の高いコンテンツを制作しながらコンテンツ作成や発信の仕方やのコツを吸収していきます。こうすることで、コンテンツマーケティングが良くわからない方でもすぐに運用を開始でき、新しいプロジェクトを進めながらコンテンツマーケティングへの知見を深めていけるでしょう。

Googleがコンテンツを重視している

近年は、Googleの検索エンジンにおいても、コンテンツの質を重視する動きが強まっていると考えられています。ただし、Googleは何をどのように重視するといったルールを一切公表していないため、コンテンツの質を高める内容は手探りとなります。

そこで効果的な手段として、GoogleやYahoo!のサイトで自社の商品やサービスのキーワードと重なる検索上位の複数のコンテンツを閲覧、研究して、独自の仮説を基にコンテンツを作成しましょう。オリジナルの独創的なコンテンツは、Googleの高評価を得るための必須項目です。そして、Googleサイトに上位表示されれば、連動する国内最大級のYahoo!サイトにも上位表示されますので、一気にあなたの商品やサービスが拡散される可能性が高まります。

集客効果が高い(狙い撃ちが可能)

コンテンツマーケティングのメリットは、ユーザーの検索意図によって効果的な配信ができることにあります。しかも、その内容はアウトバウンドマーケティングのような、売込み要素の少ないコンテンツであるため、ユーザーに受け入れられやすいのも特徴です。

そこで重要になるのが、自社の商品やサービスを求めるユーザーの心理を確実に把握することです。食料品を販売する企業であれば『安心・安全』や『鮮度・産地直送』『生産者の顔が見える』など、様々なユーザーへのメリットを提供できます。

ユーザーが欲する内容をコンテンツに取り入れることで、あなたの商品やサービスに対するコアなファンを獲得できます。このようにしてできたコアなファンは、自発的にあなたのコンテンツを同じ属性の方々に拡散してくれるでしょう。そしてその記事を目にした方が、新たなファンとして顧客へと成長していくのです。

コンテンツマーケティングは、あなたの商品やサービスに興味のないユーザー属性の方に対し、そもそもコンテンツが届きにくい仕組みです。

これから新しくファンとなる可能性の高いユーザーに対して、効果的にアプローチできるのがコンテンツマーケティングの最大の強みと言えるでしょう。

コンテンツマーケティングのデメリット

ここまでは、コンテンツマーケティングの特徴やメリットについて解説してきました。

以下では、コンテンツマーケティングのデメリットの3項目を紹介します。

  • コンテンツ制作に労力がかかる
  • 継続しないと効果が出ない
  • 短期的な効果は見込めない

コンテンツ制作に労力がかかる

長期にわたるプロジェクトとなるコンテンツマーケティングは、コンテンツを作成するために膨大な時間がかかります。特に、質の高いコンテンツを作成すればするほど労力と時間を要するでしょう。そして、その効果が表れるまでに、更に長い時間が必要です。

コンテンツマーケティングが失敗に終わる原因は、この労力と時間の消費に耐え切れなくなり、途中で止めてしまうことです。

継続しないと効果が出ない

コンテンツマーケティングを成功させるには、定期的なコンテンツの配信が欠かせません。

コンテンツの配信間隔が空きすぎたり、不定期になると、せっかく興味を持ってくれたユーザーが離れてしまう恐れがあります。コンテンツマーケティングで早く成果を出すためには、最初のうちは成果が出ていなくても、定期的に継続した配信が必要です。

もしも比較的短時間で集客をしたい場合は、コンテンツマーケティングよりもWeb広告を運用する方が良いでしょう。

短期的な効果は見込めない

コンテンツマーケティングの目的は、顧客との信頼関係を長期的に構築することにあります。従って、コンテンツマーケティングは、基本的に短期間で効果は期待できません。Googleに認識されて上位表示されるまでは、どれだけ良質なコンテンツを作成、配信しても、運用開始から3ヶ月~半年程の期間を要するのが一般的です。稀にSNSで“バズ”ることにより短期間で集客を伸ばすことができるケースもあります。しかし、その顧客が本当のファンとなって定着するまでには、ある程度の時間が必要となるでしょう。

まとめ|長期的な施策として考えよう 

このようにコンテンツマーケティングは、時間と労力がかかるというデメリット以外に、大きなリスクの少ないマーケティング手法と言えるでしょう。

あなたの商品やサービスを、プロダクトライフサイクルの長い商品に育てることは、企業にとって大きな利益をもたらす可能性があります。

まずはあなたの商品やサービスの特徴を深く理解し、ユーザーのベネフィットを訴求するコンテンツの作成が重要です。そして満足できるコンテンツができたら、後は計画的にコンテンツマーケティングを実行して行きましょう。

\ デジタルマーケティングのことならLifunextへお気軽にお問い合わせ下さい /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる