【必見】Google広告の特徴とメリット効果的な運用方法を詳しく解説!

最近では、従来のマス広告から、インターネットを利用したWeb広告へのシフトが進んでいます。

そんなWeb広告の中で、特に注目したいのが世界最大の検索エンジンであるGoogle広告です。

しかし、Web広告をまだ利用したことのない方にとっては「Web広告を出したいけど、内容が良くわからない」や「どのように出稿したらいいの?」といった悩みがあることでしょう。

そこで今回は、初めてGoogle広告を利用する方に、Google広告の特徴や種類、設定方法を詳しく解説します。

Web広告の運用を担当する方は、ぜひ参考にしてください。

目次

Google広告とは

Google広告は、Googleの検索サイトやYouTubeなどで広告を配信できるサービスです。

Google広告を利用することで、自社の商品やサービスを広告、販売することはもちろん、自社のWebサイトにユーザーを誘導することもできます。

Google広告最大の利点は、ユーザーが検索したキーワードと連動した広告を配信することで、広告の成果に対する費用対効果を向上できるところにあります。

しかも、テレビや新聞広告のように広告を出して終わりではありません。

広告を見たユーザーの属性やコンバージョンを解析することで、自社の商品やサービスがどの世代や性別に人気があり、成約率が何%かといった情報も詳しく分析できます。

以下では、Google広告の特徴や広告の種類について解説します。

Google広告の特徴

Google広告は、世界中で圧倒的なシェアを誇る検索エンジンユーザーの数と、Web広告の利点を活かした手法により、多くの企業に活用されています。

Google広告の特筆すべきメリットを、以下の4つで紹介していきましょう。

  • 広告の配信先を指定できる
  • 広告の内容を随時更新できる
  • 広告データを分析できる
  • 低コストでスタートで開始できる

広告の配信先を指定できる

Google広告では、自社の商品やサービスのターゲットとなるユーザーに対して効果的に広告を配信することで、成約率と費用対効果の向上に期待できます。

Googleは、自らが保有するインターネットユーザーの性別や年齢、居住地域などの属性と、過去に検索したことのあるキーワードの履歴データを基に、購買意欲のありそうなターゲットを選定します。

そしてそのデータを基に、あなたの広告を有望なターゲットへピンポイントに配信するのです。

Google広告では、配信先のユーザー属性だけでなく、地域や時間を絞り込んだ広告の配信も可能です。

広告の内容を随時更新できる

Google広告では、配信した広告の効果が思わしくない場合、一旦配信を停止して広告内容の修正をしてから広告を再開できます。これもWeb広告ならではの利点と言えるでしょう。

広告データを分析できる

Google広告は、広告の効果測定した結果を可視化できます。

広告が何回表示され、その内何回クリックされたか、またコンバージョン(広告のゴールとなる購入や契約)の確率などのデータが一覧で表示可能です。

また、これらのデータをスプレッドシートやグラフに出力し、社内の必要部署にオンラインで共有することも容易にできます。

低コストで始められる

Google広告は、他のWeb広告と同じように、自社の予算に応じた広告配信が可能です。

Google広告の課金形態は「クリック課金」と「インプレッション課金」の2種類があります。

クリック課金は、配信された広告をユーザーがクリックして初めて費用が発生する広告です。それに対し、インプレッション課金は、広告がWebサイトでユーザーに表示されるごとに費用が発生します。

どちらの広告も、あらかじめ広告単価と上限を設定してから配信するため、予算をオーバーする心配がありません。

そこで、まずは少ない費用で試してみたいという方にも安心して利用できるのです。

Google広告の種類

Google広告には、主に5種類の広告手法があります。この5種類は、それぞれに機能が異なるため、紹介する商品やサービス、また設定するターゲットに応じて使い分けて下さい。

Googleリスティング広告

リスティング広告の目的は、配信した広告でコンバージョンを獲得することにあります。

リスティング広告は、検索連動型広告とも呼ばれている、現在Web広告で最も良く利用されている広告手法の1つです。

リスティング広告のメリットは、ユーザーが検索したキーワードに応じて広告配信を行える点です。ユーザーが興味を持ち、検索したキーワードに関連した広告のみを配信するため、広告効果が上がりやすくなります。

ただし、リスティング広告は、Googleが設定したキーワードごとに入札金額が異なるため、検索ボリュームが多い(検索されやすい人気のキーワード)ほど広告の出稿金額が高くなるリスクがあります。

Googleディスプレイ広告

ディスプレイ広告では、美しい画像や動画を使い、視覚的な広告効果を与えられやすいのが特徴で、自社商品のブランディングに効果的です。

ディスプレイ広告は、あらかじめWebサイトやアプリに設置された広告の掲示スペースに配信する手法です。ディスプレイ広告では、リスティング広告のようなターゲットを選定した広告配信を行わないため、不特定多数のユーザーに対し広告を表示します。

Google動画広告

Google動画広告は、ディスプレイ広告と同様に、動画を使ったブランディング効果を高めるのに効果的な広告手法です。

Google動画広告では、アプリやWebサイトだけでなく、YouTubeにも配信できます。

画像と文字だけのリスティング広告と違い、音声も交えた動画で宣伝を行うため、ユーザーに対し、高い訴求効果が期待できます。また、配信するユーザーの性別や年齢、居住地域などの属性を設定することで、ターゲットを絞り込んだ広告配信が可能です。

その他

また、Google広告のその他の広告手法には「アプリキャンペーン」や「ショッピング広告」があります。

アプリキャンペーンは、アプリのダウンロードを目的とした広告です。

Google 検索やGoogle Play、YouTubeなどの媒体を通して、アプリの広告配信を行います。ユーザーが広告をクリックするだけで、アプリのダウンロード画面に切り替わるため、広告の成果が得やすくなります。

ショッピング広告は、EC(イーコマース・電子商取引)に特化した広告手法です。

ユーザーが検索したキーワードに沿った商品の画像や価格が表示されます。

Google広告の設定

Google 広告は、以下の5つの項目を設定することで広告配信が可能となります。

以下では、Google広告の配信方法を解説します。

①アカウントを開設

Google広告を出稿する前に、まずはGoogle広告アカウントを作成しましょう。

・まずは下記のアドレスより、Google広告のサイトを表示します。

あわせて読みたい
Google 広告 - ログインGoogle 広告を使って、検索結果の横にあるスポンサーリンク欄に広告を掲載すると、ウェブサイトのトラフィックを増やし、販売を促進できます。

・次に『+新しいGoogle広告アカウント』をクリックし『広告の主な目的』を選びます。

・次に、宣伝したい企業のメールアドレスやWebサイトの情報などを、画面の指示し従って入力していきましょう。

初めての広告では、約15分程で作成できます。

②コンバージョンポイントの設定

次にコンバージョンポイントを設定します。

コンバージョンポイントの設定は、広告によって目標の成果を計測するために行います。

この設定は、明かなコンバージョンがある時には設定すべきですが、ブランディングなどが目的となる広告では設定の必要はありません。

③キャンペーン作成

次は、広告をグループ別にまとめ、予算管理するために必要なキャンペーンを作成します。

・Google広告ページの『キャンペーン』から青字の『+』をクリックしてください。

・次に『新しいキャンペーンを作成』をクリック。

・『このキャンペーンで達成したい目標を選択』から適当な項目を選択します。

・『キャンペーンを選択してください』から適当な項目を選択します。

・ページ下部の『続行』をクリックしてください。

・次は『キャンペーン名』に分かりやすい名前を付けます。

・そして、必要に応じて『Google ディスプレイ ネットワークを含める』のチェックを外します。(リスティング広告を配信する場合などはディスプレイ広告は出さないので外します)

・次に、広告を配信する地域の設定を行いましょう。

・まずは『日本』を選択してください。そして、特定の地域に広告を出す場合は『別の地域を入力する』を選択し、特定の地域を入力します。入力したら、該当する地域の『目標』をクリックしてください。(広告エリアが複数の場合は、他の地域も追加で入力します)

・次は、1日あたりの広告費用の予算設定を行います。

実際の運用では、1日あたりの広告費の予算をオーバーすることもあります。しかし、1ヶ月単位で予算の範囲内に収まるように調整されますので問題はありません。

・また、広告主となる企業側で単価を設定したい時は『単価設定』で『または、入札戦略を直接選択します(非推奨)』をクリックします。

・そして『入札戦略を選択してください』から『自動入札戦略』『個別クリック単価制』に順にクリックしてください。

・最後に、1クリックに支払っても良い上限単価を設定し「拡張クリック単価を使ってコンバージョンを増やす」のチェックを外します。

・「保存して次へ」をクリックして完了です。

④広告グループの作成

広告グループの作成では、次の3つを設定します。

  • 広告グループ名
  • 単価
  • キーワード

・まずは広告グループ名を設定します。

広告グループ名は、分かりやすい名前で入力しましょう。

・次は単価の設定を行います。

単価には、 Google 広告に設定を任せる『自動入札』と、広告主が1クリックあたりの上限単価を決る『手動入札』があります。基本的には自動入札で行いましょう。

・次はキーワードの設定です。

あなたが出す広告の商品やサービスに関するキーワードを入力します。サーチコンソールを使って、あらかじめあなたの商品やWebサイトに流入しているキーワードを調べておくと良いでしょう。選定したキーワードを、まずは5つ程度入力して開始してみて下さい。

最後に『保存して次へ』をクリックします。

⑤広告を入稿

最後に広告を作成し、入稿します。

・まずは「テキスト広告に切り替える」をクリック。

・そして、新しいテキスト広告の中にある各項目を入力していきましょう。

ここで各項目に入力するのは『広告を見た人の悩み』を解決する言葉や『興味を持った人』のベネフィットに直結した文言です。

広告と関連するキーワードを検索したユーザーが『どのような不安や悩みを抱えているか』『どのような情報が欲しいのか』を考え『その答えとなる情報』を提供してください。

画面の右側には、実際に配信される広告がプレビューで表示されます。この画面を見ながら入力し、問題がなければ『完了』『保存して次へ』をクリックします。

・そして最後に「公開」をクリックしてください。

・設定は以上で完了です。

完了すると、登録したキーワードや広告を確認できる画面が表示されます。

キーワードやターゲティング設定

広告を運用する前に、広告グループに対し、ユーザーの年齢や性別、趣味などの属性を決めてターゲティングの設定を行いましょう。リスティング広告では、どのキーワードに対して配信するかといったキーワードの設定も行ってください。

審査(Google)

これまでの作業をすべて完了すると、Google広告は広告内容の審査を行います。

画像やテキストに問題がある場合には、審査落ちとなり再入稿となります。もしも審査に落ちた場合には、画像が荒すぎないか、テキストに違反文章がないかをチェックしましょう。

広告配信

Googleの審査を通過すると、実際に広告が配信されます。

広告効果を見ながら、広告の内容をブラッシュアップしていってください。

まとめ| まずは、広告配信の流れをしっかり掴もう!

いかがでしたか?このように、Google広告を使うことで、これまでにない効果的な広告の運用が可能になります。

Google広告を作成する際は、Google広告サイトの指示に沿って項目を埋めていくだけで、見ごたえのある広告作成ができます。

広告作成で重要なことは、Web広告でもマス広告でも同じ『ユーザーが享受できる利益』をどのように伝えるかです。Google広告が持つ5種類の広告の特徴を掴み、ユーザーの心に刺さる広告を作成してください。そして、あなたの商品やサービスを、より多くの方に届けてくださいね。

\ デジタルマーケティングのことならLifunextへお気軽にお問い合わせ下さい /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる