LINE広告の始め方とは?LINE広告の特徴や費用、出稿方法を詳しく解説!

LINEは、日本国内だけでも月間8,000万人以上が利用する人気のコミュニケーションアプリです。

そのLINEのタイムラインに広告を配信できるのがLINE広告で、審査に通れば、幅広い年齢層に効果的な広告配信が可能になります。

LINEの特徴は、幅広いユーザーの年齢層にあると言われており、実際にFacebookやTwitterなどと比較しても、子どもから高齢者まで広く普及しています。

しかし『LINE広告を良く知らない』『LINE広告の費用を知りたい』『LINE広告にどうやって出稿するか分からない』など、疑問を持つ方も多いはず。

そこで今回は、このLINE広告の特徴や費用、出稿方法を詳しく解説します。

この記事を読むことで、LINE広告のメリットを把握でき、あなたの企業の新規顧客の獲得や収益の向上に繋がるでしょう。

企業の広告を担当する方は、ぜひ参考にしてくださいね!

目次

LINE広告とは

LINE広告とは、若者から高齢者まで、幅広いユーザーを持つLINEアプリ内に広告を配信できるプラットフォームです。

以下では、LINE広告の特徴や費用、メリット・デメリットを解説します。

LINE広告の特徴

LINE広告は、月間のアクティブユーザーが8,900万人(2021年6月末時点※LINE調べ)のLINEユーザーに広告配信できる『運用型広告プラットフォーム』です。

運用型広告とは、広告を出稿した後の配信効果を計測しながら、広告の対象となるユーザーに向けてリアルタイムに広告情報を調整し、運用の改善を行います。

 LINE広告は、LINEのトーク一覧の最上部に表示される「トークリスト」や利用者の様々な投稿が表示される「LINE VOOM(旧タイムライン)」または「LINE NEWS」などの各種サービスへ配信が可能となっており、多くのユーザーの閲覧を期待できます。

LINE広告は、幅広い年齢層へのアプローチとユーザー属性に合わせたターゲティングが特徴で、少額から費用対効果の高い広告配信が可能です。

LINE広告の費用

LINE広告の課金方法は、基本的に『クリック課金』と『インプレッション課金』の2種類があります。

クリック課金

クリック課金は、広告を見たユーザーが広告をクリックして、広告のページへ流入すれば課金が発生します。クリック課金では、広告が表示されても、ユーザーが広告をクリックしなければ費用は発生しません。

インプレッション課金

インプレッション課金は、画面上に広告枠が100%表示された時に料金が発生します。

インプレッションとは、スマートフォンの画面いっぱいに広告が表示された状態を言い、その表示回数分が請求される仕組みです。広告が画面上で99%以下しか表示されなければ、1インプレッションと換算されないため、料金は発生しません。

LINE広告の出稿費用

LINE広告は、運用型広告であるために広告の出稿費用に定価がありません。Facebookなどと同様のシステムで、1日の予算100円、入札価格1円でも理論上は広告の配信が可能です。ただし、運用型広告は入札制で行われるため、現実的には100円の予算では広告配信はされないでしょう。

LINE広告の費用については、公式サイトを見ても正式な費用は掲載されていません。

しかし『月30万円の出稿を3ヶ月間程度続けることで、適切な配信設計と成果を両立させることができます※LINE広告公式サイトより

LINE広告の支払い方法

LINE広告では、直接広告を出稿する場合はクレジットカードでの支払いが便利です。また、広告代理店を利用する場合には、その広告代理店の決済方法に準じることになるでしょう。 

LINE広告のメリット・デメリット

ここでは、LINE広告のメリット・デメリットについて解説します。

メリット

LINE広告のメリットは、なんと言ってもユーザー数の多さにあります。他のSNSと比較しても、そのユーザー数と年齢層の幅広さが特出しているLINEは、広告媒体としても効果的と言えるでしょう。またLINEは、通信ツールとして利用されているため、ユーザーが画面を注視しやすいという特徴もあります。そのために、あなたが配信した広告をユーザーが見つけやすいということも、広告媒体としてLINEを活用するメリットとなるでしょう。

デメリット

LINE広告のデメリットは、その利便性の高さと普段使いの気軽さから大衆向けの商品が多く、高級品の広告に向かないことが挙げられます。LINE広告で高級品を掲載する場合は、購入の成約をコンバージョンとせず、認知度の向上に努めることで十分な広告効果を得ることができるでしょう。

LINE広告の掲載場所

2021年12月現在、LINE広告の掲載場所は8種類あります。

以下では、各掲載場所の特徴を紹介します。

① トークリスト

トークリストは、LINEアプリの中でユーザーが目にする頻度が最も多いトーク一覧に広告を配信します。トークリストの最上部に広告が表示されるため、大規模なプロモーション活動向けの広告枠と言えるでしょう。広告をタップすると、その商品やサービスのLPに誘導されます。

② LINE NEWS

LINE NEWSは、月間アクティブユーザーが7,500万人(2020年4月時点※LINE調べ)以上という人気のコンテンツ。そのLINE NEWSに広告を配信できます。

LINEアプリ内の「ニュースタブ」に加え、現在340媒体(2021年4月時点※LINE調べ)あるアカウントメディアの記事一覧ページにも広告配信が可能。ここでは、新製品の発売や即時性の高いコンテンツの広告に最適です。

③ LINE VOOM(旧タイムライン)

LINE VOOMは、元はタイムラインと呼ばれていたコンテンツで、ユーザーや広告主が投稿した内容に、気軽に「いいね」などのアクションやコメントができる交流の場です。

仮にあなたのLINE公式アカウントがブロックされていても、全ユーザーに広告を表示できるのが特徴です。

④ LINEマンガ

LINEマンガは、スマートフォン向け電子コミックサービスです。アプリのダウンロード数は2,800万件(2020年8月時点※LINE調べ)以上で、男女の差がなく、約90%が30歳以下という若年層を中心とした世代に人気です。

⑤ LINE BLOG

LINE BLOGは、アーティストやタレントをはじめ、2,500組(2019年8月時点※LINE調べ)以上の公式ブロガーが情報発信をしています。ユーザー属性は男女比率3:7と女性が多く、20代~40代を中心に利用されているコンテンツです。

⑥ LINEポイントクラブ

LINEポイントクラブは「友だち追加」「動画視聴」「ミッション」といった指定条件を満たすとポイントがもらえるコンテンツです。LINEポイントのサービスページのPV数は月2億8,000万回(2020年6月~2020年8月平均値※LINE調べ)にも及び、国内最大級です。利用者は40代~50代の比較的年齢層が高くなっています。

⑦ LINEショッピング

LINEショッピングは、ファッションや雑貨、スポーツ、インテリア、家電、コスメなど約250社の1億を超える商品をLINEアプリ上で買えるコンテンツです。2020年9月時点で約3,500万人※LINE調べの登録会員数となっています。ユーザーの約7割が女性で、主に20代後半〜40代前半がメインターゲットとなります。

⑧ LINE広告ネットワーク

LINE広告ネットワークは、月間アクティブユーザーが1億1,000万人(2020年9月時点※LINE調べ)にリーチが可能なコンテンツで、LINE広告ネットワークと提携する外部アプリメディアに広告配信ができます。LINE広告ネットワークは、ライフスタイルやマンガアプリなど幅広いジャンルのメディアを網羅。LINEの持つ膨大なデータを活用したターゲティングが可能です。

LINE広告の種類

LINE広告の種類は8種類あります。

以下では、LINE広告の8種類を解説します。

①デモクラフィックデータ配信

デモクラフィックデータ配信では、ユーザーの年齢や性別、地域、興味関心などで配信先をターゲティングできます。特に地域の区分においては、市区町村や特定エリアターゲティングも可能です。広告配信を行うユーザーを絞り込めるため、費用対効果の高い広告効果を期待できます。

②オーディエンス配信

オーディエンス配信は、ユーザーの情報を活用して、配信の対象ユーザーを区分できます。例えば、あるサービスを利用したことのあるユーザーの端末IDなどがあれば、同じユーザーにリピート利用を促す広告の配信ができます。

③友だち追加

友だち追加は、LINE広告を通じてLINE公式アカウントの友だちを獲得する手法です。友だちが追加されるごとに課金されるシステムのため、少額から広告を配信できます。友だち追加では、広告の商品やサービスなどへの関心度の高い友だちの獲得が期待できるでしょう。

④LINE公式アカウントの友だちオーディエンス配信

LINE公式アカウントの友だちを元に、広告配信を行うターゲットを絞り込んで配信します。広告配信を行うターゲットは「ブロックされていない友だち」と「ブロック中の友だち」の2つから選んで作成します。また、これまで未接触だったユーザーへの広告配信も可能です。

⑤類似配信

類似配信は、以前にコンバージョンしたことのあるユーザーの顧客情報と類似した新たなユーザーに向けて、広告を配信する手法です。類似性が高いほど反応率が高くなりますが、対象のユーザー規模が小さくなります。一方、類似性が低いほど反応率は下がりますが、ユーザー規模が大きくなり、配信母数が多くなります。

⑥リエンゲージメント配信

リエンゲージメント配信は、以前にアプリをインストールしながらも休眠状態となっているユーザーを対象に広告を配信します。ユーザーの過去の行動に応じたターゲティングが可能なため、高い確率のコンバージョンに期待が持てるでしょう。

⑦自動最適化配信

自動最適化配信は、AI機能を利用して、自動的に広告入札の最適化を行います。設定した目標を達成できるよう自動で入札調整してくれるため、広告効率の改善や運用工数の削減を期待できます。

⑧予約型配信

予約型配信は、配信面や期間などの出稿内容があらかじめ定められている広告です。リアルタイムに調整可能な上記のような運用型広告とは違い、配信後の調整もできません。

LINE広告における予約型広告は、「リーチ&フリークエンシー」と「ブランドリフトサーベイ」の2種類があります。

LINE広告の出稿方法

以下では、直接LINE広告へ出稿する場合の手順について解説します。

1.LINEビジネスIDの発行

まず、LINE広告を利用するには『LINEビジネスID』を取得します。

申し込み画面にメールアドレスを入力して『ビジネスアカウント』を作成。

アカウント作成後に『利用規約に同意』し管理画面へのログインが可能となります。

作成後の再ログインでは『ビジネスアカウントでログイン』からログインします。

2.広告アカウントの作成

ログインが完了したら、広告アカウントの作成を行います。

広告アカウントは、LINE広告の広告配信を管理するためのアカウントです。

広告配信したい商品やサービス別に、企業名や公式サイトのURLといった基本情報を登録して作成します。

なお、承認された広告アカウントは削除できませんので注意してください。

3.クレジットカードの情報の登録

オンラインで開設したアカウントの広告費用の支払いは、クレジットカード決済を利用できます。

①まずは設定画面の『請求と支払い』をクリック

②次に請求先一覧で、クレジットカードを登録したい請求先名をクリック

③『クレジットカードを追加』をクリック後、カード番号や有効期限などの必要情報を入力します。

4.クリエイティブの登録・タグの設置

次に、作成した広告クリエイティブをアップロードします。その際に、メディアが『ガイドライン』に沿ったものかを確認してください。

それと並行して、配信効果測定のための「LINE Tag」をLPに設置します。

LINE Tagは3種類あり、以下の役割を果たします。

・「ベースコード」は、ユーザーの行動を計測する全ページに設置します。

・「コンバージョンコード」は、コンバージョンを計測するページに設置します。

・「カスタムイベントコード」は、イベントの効果測定など、ユーザーのラベリングに利用します。

タグの設置方法はLINEの公式ページをご参照ください。

LINE広告で配信できない広告のジャンルは以下の通りです。※LINE広告『ガイドライン』参照

  • 宗教関連
  • エステ(一部当社が認めた場合を除く)
  • ギャンブル関連、パチンコ等(公営競技・公営くじは除く)
  • アダルト関連
  • 出会い系、マッチングサイト等(一部当社が認めた場合を除く)
  • 連鎖販売取引
  • 探偵業
  • たばこ、電子タバコ
  • 武器全般、毒物劇物
  • 政党
  • 公益法人、NPO/NGO、社団法人(一部当社が認めた場合を除く)
  • 生体販売
  • 美容整形・ホワイトニングなどを含む医療関連、クリニック、疾患啓蒙サイト等(一部当社が認めた場合を除く)
  • 整骨院、接骨院、鍼灸院等
  • 未承認医薬品・医療機器等
  • 消費者金融などの貸金業、質屋(一部当社が認めた場合を除く)
  • ネット関連ビジネス(情報商材、自己啓発セミナー等)
  • 募金、寄付、クラウドファンディング等の資金調達(一部当社が認めた場合を除く)
  • その他弊社が不適合と判断した業種・業態、商品・サービス

また、LINE広告で配信できない可能性があり、注意が必要な商品やサービスもあります。

注意すべきジャンルは以下の通りです。

  • 通販サイト
  • 古物商
  • アルコール飲料
  • コンタクトレンズ
  • 公営ギャンブル 他

⑤広告配信

LINE広告による審査完了後、広告配信が開始されます。

まとめ

いかがでしたか?LINE広告の作成においては、日本語の公式サイトで解説されているため、他のSNSよりも比較的容易に作成できる印象があります。

またLINEのアクティブユーザーが日本では非常に多いため、あなたの企業の商品やサービスの広告の種類と配信先を上手く選択すれば、費用対効果の高い広告配信が可能です。

まだLINE広告を利用していない企業の広告担当の方は、この記事を参考にして、ぜひLINE広告をご活用ください。

\ デジタルマーケティングのことならLifunextへお気軽にお問い合わせ下さい /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる