【最新】Google広告の品質スコアと検索順位を上げる3つの方法を解説!

近年のWeb広告では、ユーザーの検索や検索履歴と連動したリスティング広告(検索連動型広告)が主流となっています。

しかし、リスティング広告の検索順位を上げる方法については、具体的に発表されていないため『よく分からない』方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、広告の検索順位に直結する品質スコアと広告ランクを詳しく解説し、検索順位を上げる方法も紹介します。

この記事を読むことで『品質スコア』と『広告スコア』の違いや関連性、品質スコアの効果的な上げ方など、広告の成果に直結する要素について理解が深まるでしょう。

Web広告を担当する方は、ぜひ参考にして、広告の改善に役立ててください。

目次

品質スコアとは『広告の品質を評価する指標』

品質スコアとは、Google広告で使われる『広告やキーワード、ランディングページ(LP)の品質』を1から10までのスコア(得点)で評価する指標です。

この品質スコアによって、自社の広告がどの順位に掲載されるかを予測できます。

品質スコアを向上させるには、ユーザーがキーワードを検索する意図と、自社の広告やLPとの関連性を上げなければなりません。

品質スコアは、広告の掲載順位を決定する際に用いられる『広告ランク』にも影響する重要な要素であるため、広告担当者は十分な理解が必要です。

以下では、この品質スコアを決定する3つの要素『クリック率』『入札キーワードと広告文の関連性』『リンク先のページ内容の関連性やユーザビリティ』について解説します。

クリック率

クリック率(CTR・Click Through Rate)とは、Webサイト上で表示された広告を、ユーザーが何%の割合でクリックしたかを示す言葉です。

CTRを出す公式は『クリック率(%)=広告のクリック回数 ÷広告の表示回数×100%』で計算できます。

例えば『広告が10,000回表示され、広告が500回クリックされた場合』は以下のような計算となります。

500÷10000×100%=5%で、この場合のCTRは5%です。

ただし、Google広告におけるクリック率では『推定クリック率』という値が用いられます。推定クリック率は、ユーザーが広告をクリックする『可能性の高さ』を示す言葉です。

推定クリック率は、過去のクリック率やインプレッション(広告がWebページに表示された回数)実績の影響を受けるため、上記の一般的なCTRとは数値が異なります。

入札キーワードと広告文の関連性

入札キーワードと広告文の関連性とは『ユーザーの検索意図に対し、広告の内容がユーザーに寄添っているかどうか』です。

例えば、ユーザーが『歯を白くしたい』と検索した時、広告の内容が『歯のホワイトニング』に関連していればユーザーに寄添った広告となります。

このように、広告を作成する場合は、ユーザーの検索意図を満たす内容にすることが重要です。

広告担当者は、入札キーワードからユーザーの悩みを解決する広告文を作成しましょう。

リンク先のページ内容の関連性やユーザビリティ

リンク先のページ内容の関連性やユーザビリティとは、ユーザーが訪れる広告のLPが『わかりやすく、使いやすいものか』の指標です。

ユーザビリティが満たされていない広告は、品質スコアが上がらないことはもちろん、ユーザーが広告に到達してもコンバージョンに至らず、広告の成果を期待できません。

ユーザビリティを向上させるには、以下の4つのポイントを意識して広告を作成しましょう。

1.ユーザーが求めるコンテンツと、リンク先のコンテンツが適切であり、オリジナリティがあるか。

2.企業名や連絡先、その他会社情報が明記されているか。

3.パソコンやスマートフォンなど、それぞれの媒体に適応できるコンテンツとなっているか。また、使い勝手が良いかなど。

4.広告のページが重すぎないか。(広告に情報を詰め込み過ぎると、広告のページを読み込む時間が掛りすぎます。理想的な広告を読み込む時間は、リンクに移動してから3秒以内と言われています。)

このように、ユーザーが検索したキーワードに対し、広告に掲載される企業情報や、ページの操作性なども品質スコアに影響します。

ここまでに紹介した『クリック率』『入札キーワードと広告文の関連性』『リンク先のページ内容の関連性やユーザビリティ』の3つの要素は【平均より上】【平均的】【平均より下】の3段階で評価され、【平均的】【平均より下】の場合は、広告の内容を見直しましょう。

広告ランクとは広告の掲載順位を決める指標

広告ランクとは、広告の掲載順位を決める指標です。

この広告ランクの数値が高いほど掲載の順位が上がるため、Web広告において最も重要な指標となります。

広告ランクは以下の公式で計算できます。

広告ランク=品質スコア×入札単価+広告表示オプション

広告ランクを評価する各用語の意味

・品質スコアは広告の品質を1~10段階で評価したもの

・入札単価とはCPC・1クリックあたりの上限単価のこと

・広告表示オプションとは、ユーザーが知りたい電話番号やサイトリンクなどの情報を追加できる仕組み

この広告ランクが高いと掲載順位が上がるため、リスティング広告が表示されやすくなります。

広告ランクの構成要素

広告ランクを決定する要素には、主に以下の6つの要素があり、それぞれが評価の対象となります。

・入札単価

・広告の品質

・広告ランクの下限値

・オークションにおける競争力

・ユーザーが検索に至った背景

・広告表示オプション等の見込み効果

Googleでは、これらの要素がどのように広告ランクに影響し、決定するのかを発表していません。そこで広告担当者は、これらの要素の中で改善できるポイントを見つけ、広告内容を見直しましょう。

入札単価

入札単価とは、その広告が1回クリックされた場合に支払える最高金額のことです。

ただし、実際に広告がクリックされた場合は、入札単価よりも低い金額が請求されケースが目立ちます。

それは、仮にあなたが入札額を30円と設定し、他社の競合する広告の入札単価が20円だった場合、あなたの広告がクリックされると、他の競合よりも高い21円が請求される仕組みだからです。

しかし、この入札単価を高く設定すれば広告が配信されるわけではありません。広告の掲載順位は、あくまで広告ランクの総合評価によって決定します。

広告の品質

広告の品質は、クリック率、入札キーワードと広告文の関連性、リンク先のページ内容の関連性やユーザビリティの3つの要素からなる『品質スコア』によって判断されます。

詳しくは、上記の品質スコアとは『広告の品質を評価する指標』の章をご覧ください。

広告ランクの下限値

Google広告では、質が低いと判断した広告を掲載しません。そこで『広告ランクの下限値を設定』し、広告の品質の高さを保っています。

オークションにおける競争力

同じ広告のジャンルで競合他社と掲載順位を争う場合、広告ランクの高い広告が掲載されやすくなります。このような競争が起こった場合は、クリック単価も高くなるのが一般的です。このような『オークションでの競争力』も広告ランクに影響します。

ユーザーが検索に至った背景

広告ランクでは、ユーザーの検索背景を重要視します。広告ランクを評価する際には、ユーザーが検索したキーワードや検索時の所在地、使用するデバイス(パソコンやスマートフォンなど)、時刻、検索キーワードの性質、ページに表示される他の検索結果や広告など、様々なユーザーからの情報や属性を考慮します。そして、そのユーザーに有益な広告を配信出来ているかが判断される仕組みです。

広告表示オプション等の見込み効果

広告オプションは、広告を作成する際に、サイト内に設置した特定のページや電話番号などの情報を広告に追加できる機能です。この機能を『広告表示オプション』と言います。

Google 広告は、広告主が追加する広告表示オプションの有無を重視するため、広告表示オプションを必ず設置しましょう。

品質スコアが上がらない時の対処法

Googleでは、品質スコアについて『クリック率』『入札キーワードと広告文の関連性』『リンク先のページ内容の関連性やユーザビリティ』の 3 つの要素を総合して算出すると述べています。

そこで品質スコアが上がらない時は、この3つを改善しなければなりません。

以下では、この3つの要素を改善する方法を紹介します。

クリック率の改善

クリック率を改善するには、ユーザーが求めている情報を理解し、ユーザーに魅力を感じてもらえる広告を作成する必要があります。そこで広告担当者は、ユーザーの検索意図を満たす広告内容にすることが重要です。

入札キーワードと広告文の関連性の改善

入札キーワードと広告文の関連性の改善は、実際に広告がクリックされて、ユーザーの検索意図に沿った内容であるかが重要です。ユーザーの検索意図から外れた広告は、ユーザーがコンバージョンに至る前に離脱する可能性が高くなります。そこで、実際にコンバージョンに至った経緯を、直接ユーザーから聴ける仕組みを作りましょう。その際に、サイトや商品への口コミやアンケートの実施も有効な手段となります。

リンク先のページ内容の関連性やユーザビリティの改善

リンク先のページ内容の関連性やユーザビリティの改善において、最も重視されやすいのがLPの利便性です。広告文が検索キーワードに沿った正しい内容であるか、ページ内のボタンリンクがわかりやすく、使いやすく設置できているかなどに注意して広告を作成しましょう。

広告ランクをあげるための方法

広告ランクを上げるための方法は主に3つ。

『広告の品質(品質スコア)』を上げる他『入札単価を引き上げること』や『広告表示オプションなどその他の要素を適切に設置すること』が挙げられます。

1.広告の品質(品質スコア)の改善

品質スコアの改善方法は『クリック率』『入札キーワードと広告文の関連性』『リンク先のページ内容の関連性やユーザビリティ』を適正化することです。この適正化については、品質スコアとは『広告の品質を評価する指標』の章をご覧ください。

2.入札単価の引き上げ

基本的には、入札単価を高く設定するほど広告ランクも高くなります。

この入札単価は、広告ランクを構成する要素の中で、広告主が自由にコントロールできる数少ない項目です。また、入札単価が実際の入札金額に反映されない点を考慮し、現実的な価格よりも高めに設定することをおすすめします。

3.広告表示オプションなどその他の要素の改善

広告表示オプションなどその他の要素の改善では『広告オプション』の設置が最も重要となります。広告表示オプションとは、広告を掲載する際に会社の住所や電話番号を一緒に表示するオプション機能のことで、Google広告では無料で設置できます。

2021年現在、Google広告表示オプションは、以下の12種類から選択可能です。

・コールアウト表示オプション

・サイトリンク表示オプション

・構造化スニペット表示オプション

・住所表示オプション

・アフィリエイト住所表示オプション

・価格表示オプション

・プロモーション表示オプション

・電話番号表示オプション

・リードフォーム表示オプション

・アプリリンク表示オプション

・画像表示オプション

・販売者評価の広告表示オプション

広告ランクの向上には、上記の中から可能な限り多くのオプションを設定し、ユーザーに使いやすいサイトを提供することが重要です。

まとめ|品質スコアを改善しよう

いかがでしたでしょうか?このように、Google広告で可能な限り安く、そして効果的な広告を配信するには『品質スコア』を上げて『広告ランク』を向上させることが重要です。

Google広告では、それぞれの評価を上げるための施策について、具体的な内容を提示していません。しかし広告を作成する上で、品質スコアがどの様な要素で構成されているかを理解し、その向上に努めることが重要です。

この記事を参考に、品質スコアと広告ランクを上げ、広告の成果の向上にお役立てください。

\ デジタルマーケティングのことならLifunextへお気軽にお問い合わせ下さい /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる