【2024年版】Facebook広告で用いる画像サイズをフォーマット毎に紹介

【2024年版】Facebook広告で用いる画像サイズをフォーマット毎に紹介

Facebook広告(meta広告)で用いる画像サイズは、各フォーマット毎に異なります。画像サイズの入稿規定を把握しておくことで、広告を見やすい形で配信できるでしょう。

本記事では、フォーマットの配置ごとの推奨アスペクト比や推奨解像度を解説します。

目次

【まず最初に知っておこう】Facebook広告フォーマットの種類

Facebook広告(meta広告)には、フォーマットと呼ばれる広告の種類によって配置場所が変わります。Facebook広告フォーマットの種類は次の通りです。

  • 画像広告
  • コレクション広告
  • カルーセル広告
  • 動画広告

順番に詳しく解説します。

画像広告

出典:Facebook広告ガイド

画像広告はバナー広告とも呼ばれ、最も利用されやすい標準的な広告です。画像が1枚あれば始められるため、初心者でも出稿しやすい広告といえます。

ユーザーの目を引く商品画像を掲載すれば、商品の認知度を高められるでしょう。Facebook以外にもInstagramやMessengerなどで広告配信が可能です。

<画像広告の配置場所>

  • Facebookフィード
  • Facebook動画フィード
  • Facebookリール広告
  • Facebookリール
  • Facebook右側広告枠
  • Facebookインスタント記事
  • Facebookインストリーム動画
  • Facebookマーケットプレイス
  • Facebookストーリーズ
  • Facebook上の検索結果
  • Facebookビジネス発見

コレクション広告

出典:Facebook広告ガイド

コレクション広告は、メインとなる画像やカバー動画の下に小さい商品画像がレイアウトされる広告です。コレクション広告をタップすると、インスタントエクスペリエンスが表示されます。

インスタントエクスペリエンスとは、ランディングページのようにフルスクリーンで表示される形式のことです。インスタントエクスペリエンスは、商品をより魅力的に掲載でき、エンゲージメントを促すのに効果的です。

また、直接Facebook上のショップに遷移できるため、商品の購買に繋げやすいフォーマットといえます。

<コレクション広告の配置場所>

  • Facebookフィード
  • Facebook動画フィード
  • Facebookリール

コレクション広告については、次の記事でも詳しく解説しています。

カルーセル広告

出典:Facebook広告ガイド

カルーセル広告は、1つの広告に最大10枚まで画像や動画を紹介できる広告です。複数画像を使用することで、さまざまな角度から商品の魅力を伝えられるため、ユーザーの興味を引き立てる訴求が可能です。

画像1枚ずつにリンクを貼れるため、それぞれのページからクリック率アップを促せます。複数枚の画像があるため、ストーリー仕立ての広告にすることもできるでしょう。

<カルーセル広告の配置場所>

  • Facebookフィード
  • Facebookインストリーム動画
  • Facebook動画フィード
  • Facebookストーリーズ
  • FacebookMarketplace
  • Facebook上の検索結果
  • Facebookビジネス発見
  • Facebookリール
  • Facebookリール広告
  • Facebook右側広告枠
  • Facebookグループのフィード

カルーセル広告については、次の記事でも詳しく解説しています。

動画広告

出典:Facebook広告ガイド

動画広告は1つの動画で商品やサービスを紹介できるフォーマットです。静止画に比べて動きや音声があるため、さまざまな情報をより分かりやすく伝えられます。

360度動画も可能であるため、スマホやパソコンで商品を広範囲に視聴できるのが特徴です。

<動画広告の配置場所>

  • Facebookフィード
  • Facebookインストリーム動画
  • Facebook動画フィード
  • Facebookストーリーズ
  • Facebook上の検索結果
  • Facebookビジネス発見
  • Facebookリール
  • Facebookリール広告
  • Facebook右側広告
  • Facebookグループのフィード

動画広告については、次の記事でも詳しく解説しています。

Facebook広告の画像サイズ

Facebook広告の主要な画像サイズは次の3つです。

  • 1080×1080
  • 1200×628
  • 1080×1920

画像サイズによってアスペクト比や推奨用途が異なりますので、順番に違いをみていきましょう。

1080×1080

1080×1080は汎用性が高い正方形で、画面の占有率が高いのが特徴です。

インターネット利用者の大半がスマートフォンユーザーである昨今、1080×1080の画像であれば目にとまりやすいでしょう。 

アスペクト比1:1
拡張子jpg・png
推奨用途ニュースフィード・検索結果・マーケットプレイス
Facebook以外の推奨フォーマットMessengerの受信ボックス・Instagramフィード

1080×1920

1080×1920は、ストーリーズなどの縦型画面に適しています。

Facebook以外にも、InstagramやMessengersのストーリーズにも推奨されています。

アスペクト比1:1
拡張子jpg・png
推奨用途Facebookストーリーズ
Facebook以外の推奨フォーマットInstagramストーリーズ・Messengersストーリーズ

1200×628

1200×628は「横長フォーマット」として広く使われており、Facebookのニュースフィード広告などで推奨されるサイズです。

ビジュアルだけでなくテキストもわかりやすく表示されるため、広告の内容を効果的に伝えることができるでしょう。Facebookだけでなく、他のプラットフォームやデバイスにも適応しやすいため、異なるメディアでの広告展開も比較的簡単です。

アスペクト比1.91:1
拡張子jpg・png
推奨用途右側広告・検索結果・インスタント記事
Facebook以外の推奨フォーマットGoogle広告・Yahoo!広告のディスプレイ

Facebook広告の配置箇所毎の推奨画像サイズ

ここではFacebook広告の配置箇所毎の推奨画像サイズを解説します。

「1:1」「1.91:1」がほとんどですが、インストリーム動画やストーリーズは縦長の「9:16」が推奨されています。

配置推奨アスペクト比推奨解像度
Facebookフィード1:1 1080×1080
Facebook右側広告枠1.91:11200×628
Facebookインスタント記事1.91:11200×628
Facebookインストリーム動画16:91920×1080
Facebookマーケットプレイス1:11080×1080
Facebook動画フィード1:11080×1080
Facebookストーリーズ9:161080×1920
Facebook上の検索結果1.91:11200×628
Facebookリール9:161080×1080

アスペクト比毎の配信イメージ

Facebookで広告を配信する際には、画像のアスペクト比が重要です。主に次の5種類から、用途に応じて用いられることが多いです。

  • 1:1
  • 4:5
  • 9:16
  • 1.91:1
  • 16:9

スマートフォン向けの広告では、1:1の正方形がよく用いられます。動画広告の場合は、縦型の4:5の比率がおすすめです。

9:16のアスペクト比はストーリーズやリールなどで使われ、スマートフォンの縦画面を全体的に使った表示が可能です。一方で、インストリーム動画など横長のコンテンツには16:9がおすすめです。

画像が見切れたり適切に表示されなかったりするリスクを避けるため、配信前にプレビュー画面で画像のチェックを行いましょう。

ホワイトペーパーダウンロードはこちら

Facebook広告-広告代理店独自のコツを大公開-

・Lifunext独自の成果を出す運用方法

  ~ターゲティング・クリエイティブ~

・(付録)クリエイティブ検証シート

Facebook広告の実践的なノウハウを知りたい方必見

Facebook広告の画像を設定する際の5つのポイント

Facebook広告の画像を設定する際には、次の5つのポイントに注意してください。

  • 規定サイズを遵守する
  • 画像形式を確認する
  • 画像の品質を担保する
  • テキストの割合を意識する
  • プレビューで公開前に確認する

それぞれ解説します。

規定サイズを順守する

Facebookでは上述した5種類のアスペクト比が推奨されています。規定サイズを遵守しなければ、画質が荒くなったり、商品写真が見切れてしまったりするリスクがあります。

アスペクト比が合っていても、画像の幅・高さともに600pxが最小なため、600pxより小さい場合は画像を編集してサイズを変更しましょう。また、画像容量は30MBまでと上限があるため、画像サイズを調整することも大切です。

画像の形式を確認する

画像には、BMPやTIF、XBMなど、さまざまな形式があります。Facebookが推奨している画像形式は、JPEG形式(.jpg)またはPNG形式(.png)です。画像編集用のAIやPSDの形式は、Facebook広告では使用できません。

動画の場合はMA4やMOV、GIFといった形式が利用可能です。

画像の品質を担保する

画像の品質とは、画像の密度を表す解像度のことです。解像度が低いと、画像が荒くぼやけた印象になるため、いくら素敵な商品でもユーザーの目にとまりません。

解像度が高く画像が鮮明だと、広告の印象や反応が良くなるなど、ユーザーの興味を惹きつけます。

解像度の上限はないため、可能な限り高解像度の素材を使うと良いでしょう。

テキストの割合を意識する

画像内の文字量が多いと、低品質だと判断される可能性があります。Facebook広告では、画像内テキストが20%を越えると掲載できないルールがありましたが、現在は廃止され、テキストの割合は関係ありません。

20%ルールの廃止に伴い、テキストの割合を確認できるテキストオーバーレイツールの提供が終了しました。ツールを使った確認はできませんが、フォーマットや配置毎のメインテキスト、見出し、説明の推奨文字数が決まっています。

各フォーマットに対しての文字数制限は次の通りです。

<画像広告>

メインテキスト見出し説明
Facebookフィード80文字以内27文字以内
Facebookインストリーム動画125文字以内40文字以内30文字以内
Facebook動画フィード80文字以内27文字以内
FacebookMarketplace125文字以内40文字以内30文字以内
Facebookストーリーズ125文字以内40文字以内
Facebookリール広告44文字以内55文字以内
Facebook上検索結果125文字以内40文字以内30文字以内
Facebookビジネス発見125文字以内27文字以内27文字以内
Facebookリール40文字以内55文字以内
Facebook右側広告枠40文字以内

参考:Facebook広告ガイド

<コレクション広告>

メインテキスト見出し
Facebookフィード125文字以内40文字以内
Facebook動画フィード125文字以内40文字以内
Facebookリール72文字以内10文字以内

参考:Facebook広告ガイド

<カルーセル広告>

メインテキスト見出し説明
Facebookフィード80文字以内45文字以内18文字以内
Facebookインストリーム動画125文字以内40文字以内20文字以内
Facebook動画フィード80文字以内45文字以内18文字以内
Facebook Marketplace125文字以内40文字以内20文字以内
Facebookストーリーズ125文字以内40文字以内
Facebookリール広告50文字以内10文字以内
Facebook上検索結果125文字以内40文字以内20文字以内
Facebookビジネス発見125文字以内32文字以内18文字以内
Facebookリール40文字以内
Facebook右側広告枠40文字以内
Facebookグループのフィード80文字以内45文字以内18文字以内

参考:Facebook広告ガイド

<動画広告>

メインテキスト見出し説明
Facebookフィード125文字以内27文字以内27文字以内
Facebookインストリーム動画125文字以内40文字以内
Facebook動画フィード80文字以内25文字以内25文字以内
Facebookストーリーズ125文字以内40文字以内30文字以内
Facebookリール広告40文字以内55文字以内
Facebook上の検索結果125文字以内40文字以内30文字以内
Facebookビジネス発見125文字以内27文字以内27文字以内
Facebookリール40文字以内55文字以内
Facebook右側広告枠125文字以内27文字以内27文字以内
Facebookグループのフィード125文字以内27文字以内27文字以内

参考:Facebook広告ガイド

テキストの推奨文字数はあくまで目安です。使用デバイスによっては、テキストが見切れてしまう可能性もあるため、テキストはなるべく簡潔にまとめるのが良いでしょう。

プレビューで公開前に確認する

Facebook広告が完成したら、Facebook内のプレビュー機能を使用して公開前に画像の確認をしましょう。プレビューするときのポイントは次の5つです。

  • 画像やテキストが見切れていないか?
  • 正しい画像を選択しているか?
  • リンク先のURLは正しいか?
  • 見出しやテキストに誤字脱字はないか?
  • テキストの初めの2行がユーザーの目を引く内容になっているか?

広告がどのように表示されるかによってクリック率やアクセス数が変わるため、充分にチェックするようにしましょう。

Facebook広告の画像を活用する際は適切なサイズで掲載しよう

Facebook広告は、画像広告やコレクション広告など各フォーマットによって、配置できる場所が決まっています。また、配置場所によって推奨アスペクト比やテキスト数が異なります。

画像サイズによって見え方が変わるため、画像作成後はプレビューして広告イメージに沿っているかを確認しましょう。

適切なフォーマットや画像サイズを使用することで、Facebook広告の効果が変わります。ぜひ本記事を参考に、Facebook広告を作成してみてください。

\ FaceBook広告のことならLifunextへお気軽にお問い合わせ下さい /

LifunextはMeta Business Partners認定パートナー です。パートナー会社を選ぶにあたって媒体とのリレーションは重要になります。認定代理店としての独自情報等もご提供できますのでお気軽にお問い合わせください。

ホワイトペーパーダウンロードはこちら

Facebook広告-広告代理店独自のコツを大公開-

・Lifunext独自の成果を出す運用方法

  ~ターゲティング・クリエイティブ~

・(付録)クリエイティブ検証シート

Facebook広告の実践的なノウハウを知りたい方必見

各種正規パートナー

LINEヤフー_SalesPartner
CRITEO代理店ロゴ_2024
【2024年版】Facebook広告で用いる画像サイズをフォーマット毎に紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次