Google広告の効果とは 最大限に効果を発揮するための方法を解説

お金をかけて広告を出すなら、最大の効果が得たいと思うのが当然です。

それならば、Google広告がおすすめです。

Google広告は簡単な手順で始められるので、初めてWEB広告を出す方にも使いやすく、効果を得られやすいサービスの一つです。

Googleを使用するユーザー数は日本で多いのが特長です。ユーザーはスマホ利用の若い層から、パソコンをよく使う年齢の高い層までカバーしています。

そのため、ターゲットを絞り込んでも一定数のユーザーにアピールできるため、どんな商品・サービスとも比較的相性がいい広告メニューといえるでしょう。

この記事では、Google広告で得られる効果をご紹介します。

目次

Google広告とは

Googleのアカウントから簡単な手順で、広告を出せるGoogleのサービスです。

広告を出すことで、サイトへのアクセス、お問い合わせの誘導、店舗への来店者数の増加など、それぞれのビジネスに合わせた結果が期待できます。

Google広告は、表示された時やクリックされた時など、成果があったときに料金が発生します。

費用は事前に上限を設定できるので、予算以上の料金はかかりません。

この予算の上限や広告の停止、変更はいつでも可能です。

反響に合わせて柔軟に対応できるのが、運用型広告のメリットです。

この記事では、3つの広告の種類を紹介します。

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • 動画広告

この違いや特徴を簡単にまとめました。

目的に合わせた広告のキャンペーンを使ってみてください。

リスティング広告

検索結果の上部に表示されるテキストのみの広告です。

最近は画像表示オプションを活用すれば画像を表示できるようになりました。

ユーザーが検索したワードに合わせて、広告が表示されます。

そのため「○○が欲しいが、何を選んでいいのかわからない」という購買意欲の高いユーザーに届けられます。

【メリット】

  • 関心の高いユーザーへアプローチできる
  • すぐに始めて、いつでも中止できる
  • 文字数制限の中で好きな広告文を決められる

リスティング広告はテキストだけの広告なので、どれだけわかりやすく気になる文章で掲載できるかがとても重要です。

そこで最大の効果を出すためには、広告やマーケティングの専門知識が必要になってきます。他社が既に掲載している広告文も参考に自社商材に当てはめて考えるもの一つです。

もしくは、自分たちで全部やるとは考えずに、代理店を挟むなどプロの力に頼るのもおすすめです。

また、競合他社も同じ検索ワードに広告を出すと考えられます。

広告順位を競り合う形になるため、1番上に表示させようと思うと、少し多めに予算を考えておく必要があります。

ディスプレイ広告

クリエイティブと合わせてユーザーにアプローチする広告です。

掲載場所は、Google広告と連携している外部サイトがメインになります。

リスティング広告とは違い、商品を知らないユーザーやまだ検討していない潜在層にアプローチできます。

そのため「すぐに購入してもらう」より、「ブランドを知ってもらう」などの目的が比較的向いてるかと思います。

【メリット】

  • 潜在層にアプローチできる
  • クリック単価が安い
  • 画像や動画で訴求できる
  • リマーケティング配信ができる

ディスプレイ広告は、存在を知ってもらうことに向いているので、他と比べるとクリック率が低くなる傾向にあります。

しかしインプレッションを高めることで、ユーザーと接触回数を増やし認知を高められます。

動画広告

YouTubeの他、連携サイトで掲載される動画の広告です。

動画でユーザーにアピールするので、他の広告より理解を促しやすいです。

映像だけではなく音声を加えることももちろんできるため、ストーリーを伝えるのにとても向いています。

そのためコンセプトがしっかりした商品のブランディングに最適です。

【メリット】

  • 音と映像で多くの情報を伝えられる
  • ストーリーを伝えてブランディングに向いている

動画広告は他と比べると、制作コストがかかってしまいます。

そのため十分な質の動画を制作できるリソースやコストがないと動画広告の活用は難しいです。

Google広告のメリット

広告の種類が豊富なだけではなく、データ分析の使いやすさや予算の低さ、細かいターゲティングなど、メリットはとてもたくさんあります。

そのメリットについてご紹介します。

①広告結果のデータを可視化できる

広告に対してどれくらい反応があったのか数字で確認できます。

コンバージョン率、広告の表示回数、クリック数などを分析しながら、もっと効果を出す施策を企画して、最大限の反響を期待できます。

広告結果の数字を目標にして広告運用できると社内での共有もわかりやすくなります。

②低予算から掲載できる

自社の広告予算に応じて金額の上限を設定できます。

Google広告の費用は、ユーザーのクリック数で料金が発生する「クリック課金」と、表示されるごとに料金が発生する「インプレッション課金」の2種類です。

上限を超える費用が発生せず、また、枠買い広告(純広告)のように費用が事前に決まっていて効果が出ていないのに掲載を続ける必要がないため、効果検証しながら掲載することが可能です。

③ピンポイントのターゲットに掲載できる

Googleの広告は、年齢、性別、地域、過去の検索履歴などから、掲載するユーザーを決められます。

商品に関連するキーワードを指定すると興味を持っている顕在層にアピールできるため、広告の効果が高まります。

Googleは年間訪問者数が国内1位のため、ターゲットを多少絞り込んでも一定数のユーザーに配信され、購買意欲の高いユーザーへ届けられます。

参考:Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020

Google広告の効果を高める方法

ターゲティング

WEB広告を出す際にとても重要な要素です。

いつ、どこで、誰が、何を見るのかを設定し、広告に興味がありそうな人に広告を表示する仕組みです。

例えば20代の女性向けコスメの広告を60代の男性が見てもまったく興味を持ちません。

Google広告はターゲティングを細かく設定できるので、狙った相手に表示させ効率のいい広告の結果を得られます。

どんなに良いクリエイティブでも届ける相手が違えば効果が出るはずの広告も、全く反響が出ません。ターゲティングは配信するうえで気をつけたいポイントです。

Google広告は細かいターゲティングが可能です。

具体的には、以下の要素があります。

  • ユーザー属性や行動履歴
  • 興味を持っているコンテンツ
  • プレースメント

例えば、「20代の女性でコスメのサイトをよく見る人のスマホ画面に表示させる」「30代の男性で結婚をよく検索するパソコン画面に表示させる」など、選択できます。

この広告を見る人がどんなことが好きで、どんなものに興味を持つのか想像してターゲティング設定しましょう。

クリエイティブ

広告において、クリエイティブは効果を大きく左右します。

同じターゲットに向けたクリエイティブでも、イメージが違ったりキャッチコピーが違ったりするだけで、効果も大きく変化します。

そのため、ユーザーがに興味を持ってもらえるクリエイティブになるかが重要です。

広告を企画するときに「誰に」「何を」「どう」伝えたいのかを明確にして、根拠と仮説に基づいたクリエイティブを用意できると質の高い広告になります。

そして運用型広告の利点を生かして、ABテストを行うことが重要です。

仮説が必ず正解とは限らないので、実際に配信した結果をもとにクリエイティブの改善をし、効果の良いクリエイティブを発掘することが期待できます。

根拠と仮説が明確なクリエイティブならば、比較して何が良かったのか分析しやすくなります。

クリエイティブの効果は早いものでは1週間で下がってしまいます。

ABテストの結果を基に、新しいクリエイティブを出し続けると高い効果を維持しましょう。

\ デジタルマーケティングのことならLifunextへお気軽にお問い合わせ下さい /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる