リスティング広告インハウス化のメリットとデメリットを徹底解説!

目次

リスティング広告をインハウス化するメリット

リスティング広告をインハウス化するメリットは主に3つあります。

  • 自社の強みや業界の特徴を熟知したうえで運用できる
  • 社内に運用ノウハウを蓄積することができる
  • 代理店に払う手数料がかからない

自社の強みや業界の特徴を熟知したうえで運用できる

リスティング広告をインハウス化する大きなメリットの一つは、自社の強みや業界の特徴を熟知したうえで運用できる点です。

従業員ほど自社の強みや業界の特徴を熟知している存在はありません。広告代理店は広告運用のプロであるものの、商品やサービスの理解はもちろん、市場の動向やマーケットの細かいトレンドまで熟知しているわけではないといえるでしょう。

従業員は自社の製品やサービスについて深い知識を持っており、競合他社や市場の動向も把握しています。そのため、効率よく広告のターゲティングやキーワードの選定、クリエイティブの制作などを実行できるでしょう。

社内に運用ノウハウを蓄積することができる

リスティング広告の運用を広告代理店に外注すると、自社にノウハウが蓄積しません。マーケティングが広告代理店頼みになってしまい、広告運用の最適化やより高い施策の立案などができなくなってしまうでしょう。

例えば、社内に広告運用の知識やスキルがないと、広告代理店のレポートに対して「何が正しいのか」「どう改善すればよいのか」がわかりません。そのため、無駄な費用を払ったり、効果の出ない施策を続けてしまったりする可能性があるでしょう。

自社で運用すると、クリエイティブの作成やターゲティング設定、分析などに時間はかかるものの、広告運用を最適化することができます。社内にノウハウを蓄積すれば、同じ業界に対して広告運用のコンサルティング業務を展開することもできるようになるでしょう。

代理店に払う手数料がかからない

リスティング広告をインハウス化すると、​​広告予算を最大限に効果的に活用できます。代理店に払う手数料がかからなくなるためです。

代理店の手数料は代理店によって異なりますが、運用予算の20%が主な相場です。例えば、年間の広告費が5,000万円の場合、代理店に毎年1,000万円も払わなければなりません。

このような代理店手数料をカットできれば、同じ予算でより多くの広告展開やキャンペーン最適化に資金を投入でき、広告効果の向上を期待できるでしょう。

ホワイトペーパーダウンロードはこちら

インハウス化ガイド
自社の勝ちパターンを自社で作るには

【資料の内容】

・広告運用インハウス化の条件とパターン

・広告運用インハウス化のメリットデメリット

・広告運用インハウス化の手順

・広告運用インハウス化におけるポイント3選

リスティング広告をインハウス化するデメリット

リスティング広告のインハウス化にはデメリットもあります。次の3点に注意しましょう。

  • 運用ノウハウが必要
  • アップデートなどの情報収集が必要
  • 社内のリソースが必要

運用ノウハウが必要

インハウス化を目指すためには、運用ノウハウが必要不可欠です。運用ノウハウを蓄積するためには、次のようなスキルを持った人材が求められるでしょう。

  • デジタルマーケティング
  • キーワード選定
  • 広告クリエイティブの最適化
  • 競合分析
  • データ解釈 など

ただ、このような人材を獲得することは、容易ではありません。IPA「DX白書2021」によれば、国内事業会社の9割近くがIT人材の質・量ともに不足していると回答しています。

出典:内閣官房|デジタル人材の育成・確保に向けて

さらに、人材を確保できたとしても、自社に定着してくれるとは限りません。特にIT業界は離職率も高いうえに、人材が流動しやすいという特徴があります。

人材を確保するためのコストやリソースも課題に挙げられるでしょう。場合によっては、人材確保に数百万円、数千万円の投資が必要になる可能性もあります。広告代理店に運用を任せれば、このような課題に悩まされることはありません。

アップデートなどの情報収集が必要

リスティング広告をインハウス化する場合、広告プラットフォームのアップデートや変更情報の収集が必要であることにも注意しなければなりません。

例えば、Google広告やFacebook広告などの広告プラットフォームは頻繁に仕様変更や新機能の追加を行います。これらのアップデートに迅速に対応しないと、キャンペーンの最適化や効果の向上が難しくなるでしょう。

また、急なルールの変更により、既存の表現が使用できなくなる場合もあります。場合によっては、クリエイティブを最初から作り直さなければならないケースもゼロではありません。自社運用の場合、こういったアップデートなどの情報収集をするためにリソースが必要になり、業務量が増えてしまう可能性があるでしょう。

社内のリソースが必要

リスティング広告のインハウス化には、十分な社内リソースが必要です。リスティング広告の運用には広告戦略の立案からキーワードリサーチ、広告クリエイティブの制作、データ分析、キャンペーン最適化などさまざまな業務があるためです。

これらのタスクを効果的に実行するには、十分な社内リソースが必要です。人材を採用しない場合、本業に加えてこれらをゼロから学ばなければなりません。そうすると、時間的にも経済的にもリソースが求められます。

広告代理店を利用すれば、このようなリソース不足に頭を悩ませる必要はありません。自社の業務に集中できるため、不安を感じることなく広告を運用できるでしょう。

リスティング広告をインハウス化すべきかどうかの基準

リスティング広告のインハウス化にはメリットとデメリットがあります。大切なのは、自社に「インハウス化が必要かどうか」を見極めることです。

インハウス化すべきかどうかは以下の基準を参考にしてください。

インハウス化すべき企業インハウス化すべきでない企業
社員数が多い(大企業、上場企業など)デジタルマーケティングに関して一定のスキルや知識があるセキュリティ要件が高い社員数が少ない(中小企業、スタートアップなど)業務が多忙である広告予算が少ない

大規模な企業は広告運用に必要なリソースを確保しやすいため、インハウス化が適しています。一方、リソースや予算が限られている中小企業は、広告代理店を活用することでコストを抑えつつ効果的にリスティング広告を運用できるでしょう。

ただ、「社員数が多いから」といって必ずしも大企業や上場企業にインハウス化が向いているわけではありません。デジタルマーケティングに関して一定のスキルや知識がない場合、インハウス化に時間がかかり、競合に差をつけられてしまう可能性があるでしょう。

「リスティング広告を運用したいけれど、インハウス化するのは時間がかかる」

「効率的にリスティング広告を運用したいから、外注したい」

このように考える場合、お気軽に当社にご相談ください。

LifunextのWeb広告支援はこちら

よくあるリスティング広告インハウス化の失敗例

リスティング広告のインハウス化にはさまざまなリスクがあります。 ここではよくある失敗例を3つ紹介します。

  • 担当者が退職してしまう
  • コストダウンのみを目的にしてしまう
  • ノウハウがなく感覚で運用してしまう

担当者が退職してしまう

リスティング広告のインハウス化には、担当者が退職するリスクが潜んでいます。デジタルマーケティング業界は競争が激しく需要が高いため、優れた人材は他の企業から引き抜かれる可能性があるでしょう。

担当者が退職してしまうと、採用活動をゼロからやり直さなければなりません。また、担当者だけがノウハウを知っていた場合、広告運用が停止してしまう恐れもあるでしょう。場合によっては、重大な機会損失につながりかねません。

このようにインハウス化はナレッジの損失や運用の停滞をもたらす可能性があるため、知識の共有や継続的な教育プログラムを検討する必要があるでしょう。

コストダウンのみを目的にしてしまう

コストダウンだけを追求すると、広告効果が低下し、ROIが減少することがあります。戦略的な視点や広告品質の低下、最適化の欠如などが生じる可能性が高まるためです。

たしかに自社で完結すると、広告代理店に支払う手数料がカットできるためコストダウンにつながります。しかし、インハウス化にはさまざまなデメリットがある点は上述した通りです。場合によっては、手数料を支払ったほうがより高いリターンを得られる可能性もあるでしょう。

ノウハウがなく感覚で運用してしまう

ノウハウがなく感覚で運用してしまうという点も、リスティング広告をインハウス化する際のリスクといえるでしょう。広告運用には専門的なスキルが必要です。感覚や直感だけで運用を行うと、効果的な結果を得ることが難しく、予算の浪費や競合他社に対する不利益が生じる可能性が高まります。

リスティング広告運用を成功させるには「なんのために広告を運用するのか」「ターゲットは誰なのか」などを明確にする必要があるでしょう。ただ、このような目的の設定は、専門的な知識があってはじめて成功します。

広告代理店とタッグを組めば、適切なKPIやKGIから自社に合った目的・目標を設定してくれます。インハウス化するにしても、自社でしっかりと運用できる人材を確保し、適切な目的・目標を作ることから始めましょう。

リスティング広告インハウス化のメリットとデメリットを知っておこう!

リスティング広告インハウス化にはさまざまなメリット・デメリットがあります。安易にインハウス化を目指すのではなく、メリット・デメリットを把握したうえで自社にとって必要な方法を選択しましょう。

場合によっては、インハウス化するよりも外注したほうがリスティング広告の効果を発揮できる可能性もあります。当社はGoogleをはじめとする大手メディアとのパートナーシップを結んでおり、各プラットフォームのアルゴリズムや推奨構造、運用実績をもとに、最適な配信設定をご提案いたします。

\ Lifunextのリスティング広告運用代行サービスに興味ある方はこちら /

ホワイトペーパーダウンロードはこちら

インハウス化ガイド
自社の勝ちパターンを自社で作るには

【資料の内容】

・広告運用インハウス化の条件とパターン

・広告運用インハウス化のメリットデメリット

・広告運用インハウス化の手順

・広告運用インハウス化におけるポイント3選

ポイントまとめ

リスティング広告インハウス化のメリットとは?

次の3つです。

  • 自社の強みや業界の特徴を熟知したうえで運用できる
  • 社内に運用ノウハウを蓄積することができる
  • 代理店に払う手数料がかからない
リスティング広告インハウス化のデメリットとは?

次の3つです。

  • 運用ノウハウが必要
  • アップデートなどの情報収集が必要
  • 社内のリソースが必要

\ リスティング広告のことならLifunextへお気軽にお問い合わせ下さい /

LifunextはGoogle Partnerです。パートナー会社を選ぶにあたって媒体とのリレーションは重要になります。認定代理店としての独自情報等もご提供できますのでお気軽にお問い合わせください。

各種正規パートナー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次