【最新版】Instgram広告の特徴や仕組み、成功させるポイントを解説!

「Instagram広告を配信したいけど、どんな種類があるの?費用はどれくらいかかる?」

「Instagram広告で成功するにはどんなポイントがある?」

Instagram広告を配信して、より売上を伸ばしたいものの、Instagram広告には様々な種類があってよくわかりませんよね。

この記事では、Instagram広告の種類や費用、成功させるためのポイントを解説していきます。Instagram広告を配信するときに無駄な費用をかけることなく、成功するための指針を決められるでしょう。

目次

Instagram広告の特徴・ユーザーの特徴

Instagram広告には以下の4つの特徴があります。順に見ていきましょう。

  1. 様々なフォーマットで広告配信できる
  2. 関心の高いユーザーに広告配信できる
  3. 認知獲得をしやすい
  4. 低予算で広配信できる

1つ目のInstagram広告の特徴は様々なフォーマットで広告を配信できること。画像や動画、コレクションなど、様々な広告配信が可能で、各フォーマットのニーズに合わせたものが作れます。

TwitterやFacebookなどのSNS広告にはない種類の広告が配信でき、差別化できるのがInstagram広告の特徴です。 実際、Twitter広告はテキストに強いユーザーには効果が期待できますが、テキストに読み慣れていない層に届きづらいです。

しかしInstagram広告では、動画や画像など視覚的に訴求性の高い広告で、特定のユーザー層に合わせたフォーマットを用意できるメリットがあります。2つ目は関心の高いユーザーに広告を配信できること。

年齢、職業、興味関心のあるものなど、Instagramを利用しているユーザーの詳細情報を獲得できるので、精度の高い広告を配信できます。また、精度の高い広告を配信できることから、関心のないユーザーに無駄な広告費用をかけずに済みます。関心の高いユーザーに広告を届けられれば、クリック率やコンバージョン率を上昇させられ、費用対効果が良いと言えるでしょう。

3つ目は認知獲得をしやすいこと。Instagram広告は画像や動画を多く使うため、ユーザーの印象に残りやすいです。印象に残ればユーザーからの認知を獲得しやすくなり、自社のことを知ってもらえるきっかけになります。画像や動画を使ってユーザーの認知度を上げられるのは、Instagram広告特有のメリットです。

4つ目は低予算で広告を配信できること。

Instagram広告は107円から出稿可能です。最初はお試し感覚で配信してもいいですし、予算状況に合わせながら広告を配信できます。通常の広告は大規模な資金を投入したり、広告費用を固定したりなど小回りが利かない部分もありますが、Instagram広告は低予算かつ途中で停止もでき、小回りが利きます。

ユーザーの特徴

Instagramを利用するユーザーの特徴は主にこの2つ。

・若年層や女性が多い
・画像や動画に意識を持つ人が多い

InstagramはFacebookやTwitterなど、他のSNSに比べて若年層や女性のユーザーが多いです。

上記の層をターゲットにする企業はInstagramを使うと最も効果を発揮できる広告運用が可能になるでしょう。

特に若年層が多いSNSはInstagramのほかに少ないですから、成功すれば膨大なリーチ数を獲得できます。

画像や動画に意識を持つ人が多いのもInstagramの特徴です。

テキストに読み慣れていない層が多いため、視覚的に見たときの印象が重要になります。

さらに、Instagramはストーリーズを利用して動画広告を配信できるので、視覚的にユーザーの目に訴えかけられ、認知されやすいです。

Instagram広告の種類

Instagram広告の種類は、大きく分けて5つあります。 

  1. 画像広告      
  2. 動画広告
  3. カルーセル広告
  4. コレクション広告
  5. ストーリーズ広告

また、Instagram広告の設置場所は「ニュースフィード」「ストーリーズ」「発見タブ」の3種類があることを覚えておきましょう。

広告の種類を1つずつ解説していきます。

①画像広告

画像広告は最も基本的なフォーマットです。

通常のフィード投稿と同じ大きさで作れるので、広告感のない自然な訴求をユーザーに配信できるメリットがあります。

日用品、食品、一押し商品など、1つの画像でわかるものに適している広告です。

ただ、発見欄に掲載したときに目立たないと埋もれてしまうリスクもありますから、注意しましょう。

バナーで購買を誘導できるCTAボタンが設置可能です。

②動画広告

動画広告は動画の中に音声やテキストを入れて配信する方法。

タップをしなくても再生され、音と動きがあるのでユーザーの目に留まりやすいのがメリットです。

人間が見てしまいやすいストーリー性をある動画や、衝撃的な動画を作れるとより効果を発揮できます。

ストーリー性を利用する価値が高いセミナーや、Webサイトに誘導するCTAボタンを設置する必要のあるアパレルに適している広告です。

③カルーセル広告

横にスワイプすると画像や動画が切り替わり、複数の広告を掲載する方法。

直接ユーザーに対してサービスの訴求をしたいときに最も効果的な広告です。

複数の広告を1度に配信できるため、訴求したいサービスの情報を網羅的にまとめられます。アパレルや日用品に向いている広告で、直接CTAボタンを設置することも可能。

④コレクション広告

画像とWebサイトをともに掲載する方法。

カタログ広告を設置できるので、ECサイトにつなげたい企業やアパレルに適している広告です。

直接購買につなげることもできますし、CTAボタンを設置でき、ユーザーの興味を引いてクリックを誘導できるメリットがあります。

⑤ストーリーズ広告

ユーザーがストーリーズを閲覧している際に、投稿の間に挿入する方法。

ユーザー利用度の高さや、必ずユーザーの目に映るメリットがあり、認知がされやすい広告になります。

ストーリーズのリンク機能を使ってCTAボタンを設置できますから、ユーザーの目を引ければクリックされやすい広告になります。

動画で魅力を紹介できるセミナーやアパレルに適している広告です。

Instagram広告の課金方法

Instagram広告は4つの課金方法を利用して広告を出稿できます。

大規模な資金を投入して固定で広告を表示する方法ではなく「自分が投資したい広告料」や「自分の配信したい期間」を決められます。

ただ、低予算すぎると広告としての成果が発揮しづらくなり、広告を配信するジャンルによって広告にかける費用が変わってきます。

ジャンルによって費用が変わるのは、Instagramの広告配信がオークション形式のため、競合が多い美容系、金融系などは高い費用をかける必要があります。

自社が配信するジャンルをよく考えて配信すると失敗するリスクが減るでしょう。

実際のInstagram広告の種類が下記の通りです。

  • CPM
  • CPC
  • CPV
  • CPI 

1つずつ解説していきます。

CPM

CPM(Cost Per Mille)はユーザーに広告を表示されると課金される仕組みです。 

CPM広告の意図は、表示を狙うことから商品やサービスのコンバージョン率向上や商品やブランドの認知度向上に利用されます。

競合の強さによって費用は異なりますが、1000回表示で1000円ほどが相場になるでしょう。

広告がクリックされないと費用が無駄になってしまうので、キャッチコピーを利用した刺さりやすいコンテンツの用意や、自社のページにクリックする導線作りをしっかり練っておくと効果が期待できます。

CPMは最も基本的な広告の仕組みですから、様々なInstagram広告の種類と組み合わせやすいでしょう。

CPC

CPC(Cost Per Click)は広告をクリックするごとに課金される仕組みです。

自社の資料請求や自社商品の購入を促すコンバージョン率の向上目的で利用されます。

CPCも競合の強さによって費用は異なりますが、1クリックで50円~100円が相場になるでしょう。

クリックされると料金が発生するため、売り上げにつながらないと損をしてしまいます。

クリックしたあとのWebサイトの利便性や、ユーザーにとって価値のある商品やサービスを購買につなげるセールスライティングができると効果が期待されます。

逆に、クリックされても自社の売り上げにつながるようなコンテンツがない場合は向いていない広告です。

CPV

CPV(Cost Per View)は動画が10秒以上視聴されるか、動画を最後まで視聴された場合に課金される仕組みです。

CPVは動画のインプレッション数によって費用を設定する方法も可能ですから、動画を通じて自社ブランドを宣伝する場合はインプレッション数で設定した方が費用対効果の良いとされます。

CPVも競合の強さによって費用が異なりますが、相場は1再生4~8円程度。

動画はほかの広告配信と比べてユーザーの時間を奪うため、ユーザーのニーズに合わせて動画を作成しないと離脱されてしまいます。

最も、広告配信するジャンルに興味がなければ見向きもしませんから、配信する層やターゲットを明確にしておく必要があります。

逆に、ターゲットに対してピンポイントに配信できれば動画を最後まで見てくれる確率が上がるでしょう。

最後まで視聴してくれれば自社のコンテンツにつなげやすい広告なので、ターゲット選定が重要になります。

CPI

CPI(Cost Per Install)はアプリ広告で、アプリがインストールされると課金される仕組みです。

アプリがインストールされなければ費用もかかりませんし、成果も発生しないので、広告費用を気にする必要がないコストパフォーマンスの良い課金方法です。

気にする必要がないとインストールしてもらうためのアプリ開発に専念できるので、成果が見えやすいのがメリット。

CPIの相場は1インストール100円~200円前後になります。

アプリのインストールが目的になりますから、ユーザーの利用度が高く、リンクタップまでの導線が作りやすいストーリーズ広告と組み合わせると広告の効果が期待できます。

また、Instagramの利用者はスマホで利用している場合が多いです。スマホとアプリ広告は非常に相性が良く、違和感のないCTAボタンを設置できればインストールされやすい傾向にあります。

スマホ×ストーリーズ広告×アプリを駆使してアプリのインストール率を向上させていきましょう。

Instagram広告の配信の成功ポイント

Instagram広告を配信したからには広告費をかけた分、より成果を高めたいですよね。

そこで、Instagram広告でビジネスを成功させるポイントをいくつか解説します。

広告を配信したからと言って必ず売り上げが伸びるわけではありません。ユーザーにとって価値のある商品やサービスの作成はもちろん、その良さが伝わるように広告運用を考えなければいけません。

特にInstagram広告を成功させるうえで重要なポイントは下記の通りです。

  • ターゲット選定を間違えない
  • ユーザーの感情に訴求する
  • 広告感を出さない

1つずつ解説していきます。

1つ目にして最も大切なポイントは、「ターゲット選定」です。

広告を配信しても、興味関心のないユーザーの元に配信してしまったらまったく効果がありませんし、ターゲットに響きやすい訴求方法も決まらないです。

そうなると大きな機会損失を被ってしまうのは言うまでもありません。

広告を運用する大前提として、ターゲットがどんな商品やサービスを求めているのか、ターゲットがどんな属性なのかをリサーチしておきましょう。

1番正確にターゲット選定を見極められる方法は、競合となる他社の広告を分析して仮説を立てる方法です。

既に広告運用で利益を出している企業の広告を分析することで、どのターゲットを選定しているのかがある程度見えてきます。

分析して仮説検証を繰り返せば、ターゲット選定を間違える確率は著しく低くなります。

2つ目のポイントは、「ユーザーの感情に訴求する」です。

人間は論理より感情に左右されやすい生き物なので、ターゲットがかかえている感情に刺さるセールスができればクリックされやすくなります。

セールスライティングの領域は種類がたくさんありますが、「先着~名限定」「~日間限定」などの希少性を高めたり、ユーザーの不安を取り除くべく共感を狙ったりする広告が作れると成約率がアップします。

具体的に言うと、人間は得よりも損をしたくない性質があるため、「無料」のようなユーザーが損しない訴求ワードを組み込めると、広告に反応しない理由を取り除けます。

広告運用においてセールスライティングは必須ですから、魅力的な訴求ができるようにしましょう。

3つ目は「広告感を出さない」です。

広告感が強すぎると、ユーザーは「何か買わされてしまう」と不安な感情になります。

また、Instagramは見た目を重視した投稿をするユーザーが多く、広告感が強いと発見タブに掲載されたときに浮いてしまいます。

ユーザーの投稿にも溶け込めるクリエイティブな画像、ユーザーが身近に感じる日常や生活の一部に溶け込める広告を作れると、ユーザーの不安を取り除けてより良い効果が期待できるでしょう。

まとめ|Instagram広告を活用してみよう!

今回はInstagram広告の特徴や種類について解説しました。

軽くおさらいすると、Instagram広告の種類は下記の通り。

  • 画像広告       
  • 動画広告
  • カルーセル広告
  • コレクション広告
  • ストーリーズ広告

Instagram広告は、画像や動画など様々なフォーマットで広告を作成できるのが強みですから、組み合わせて活用していくのが最適になります。

Instagram広告の課金方法は下記の通り。

  • CPM
  • CPC
  • CPV 
  • CPI

自社のビジネスに沿って考えたときに、1番費用対効果の良い課金方法を選びましょう。そのためには、各課金方法で広告運用した場合の費用対効果を計算してシミュレーションしておくのが重要です。

Instagramはユーザー数が増加していて、様々な種類の運用方法がある珍しいSNSです。特に、若年層や女性にリーチしたい企業は外せない広告運用になります。低予算から始められるので、ぜひ導入を検討してみましょう。

\ デジタルマーケティングのことならLifunextへお気軽にお問い合わせ下さい /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる