リスティング広告を乗り換えの際の注意点や新しい代理店の選び方とは?

目次

リスティング広告の乗り換えを検討すべきポイント

リスティング広告は、場合によっては代理店を乗り換える必要があるでしょう。例えば、次のような場合は乗り換えの検討をおすすめします。

  • 効果が出ていない・改善がされない
  • 担当者とのコミュニケーションに問題がある

効果が出ていない・改善がされない

効果が出ていない・改善がされない場合、乗り換えを検討してみても良いでしょう。代理店によって広告の運用スキルや改善に対する取り組み方は大きく異なります。

基本的に、代理店はリスティング広告を出稿するだけでなく、効果検証や改善提案をします。このようなアクションを起こさない場合は、信頼できる代理店とはいえない可能性があるでしょう。

一度、代理店に効果が出ていない理由を尋ねてみてください。論理的な回答が得られれば、少し待ってみるのも悪くないでしょう。回答に納得できない場合は、乗り換えを検討してみることもおすすめです。

担当者とのコミュニケーションに問題がある

担当者とのコミュニケーションに問題があると感じた場合も、乗り換えを検討してみてください。リスティング広告の成功には、担当者とのコミュニケーションが重要です。

例えば担当者からの返信が遅く、要件や情報が明確でない場合、進行や調整がスムーズに行えません。また、担当者が必要な情報を提供せず、進捗状況やフィードバックを十分に行わないと、戦略の改善が難しくなるでしょう。

これらの問題が継続し、改善が見込めない場合は、新しい代理店を検討することが重要です。

ホワイトペーパーダウンロードはこちら

広告代理店に任せっきりの企業が
やってしまいがちな問題3選

【資料の内容】

・リスティング広告でなぜ成果が出ないのか

・リスティング広告運用のステップ

・リスティング広告運用を成功させるために

・リスティング広告最適化チェックツールについて

リスティング広告 乗り換えのメリット

リスティング広告の乗り換えには、いくつかメリットがあります。

  • 効果が出る可能性がある
  • コミュニケーション問題が解決される可能性がある
  • マーケティングを見直すきっかけになる

効果が出る可能性がある

乗り換えることによって効果が出る可能性があるでしょう。代理店によってアプローチが異なるためです。

リスティング広告の運用には、明確な答えがありません。さまざまなアプローチを通じてPDCAを高速回転させ、短い期間でどんどん最適化していくことが大切です。

同じ代理店でリスティング広告の運用を続けていても、アプローチが適切でなければあまり意味がない可能性もあるでしょう。思い切って乗り換えてみるのも選択肢の一つです。

コミュニケーション問題が解決される可能性がある

新しい代理店に乗り換えることで、コミュニケーションの問題が解決される可能性があります。円滑なコミュニケーションを取ることができると、要件や目標の明確化、進捗報告、フィードバックなどがスムーズに行われます。

また、代理店が広告主の意図や要求を正しく理解し、広告戦略やターゲット設定に対して適切にアドバイスできるようになれば、運用効果がより高くなるでしょう。また、コミュニケーションが改善すれば予算や目標に対する透明性が向上し、信頼関係が築かれることも期待できます。

マーケティングを見直すきっかけになる

乗り換えはマーケティングを見直すきっかけにもなります。代理店によってマーケティングの手法や考え方等は異なるからです。

マーケティングの手法はリスティング広告だけではありません。例えば、次のような方法があります。

  • SEO
  • SNS
  • ディスプレイ広告など

乗り換えることによって選択肢が広がり、自社にとって必要なマーケ

リスティング広告 乗り換えのデメリット

乗り換えると過去のデータやパフォーマンスが活用されず、広告戦略の構築に時間がかかる可能性があります。既存の広告アカウントやキャンペーンを移管しない場合、新しい代理店のアカウントはゼロから学習を始める必要があるためです。

機械学習を取り入れたリスティング広告では、広告プラットフォームのアルゴリズムが最適なターゲット設定や入札戦略を獲得するために、一定の期間を設けなければなりません。アカウント移管をしなければ学習をやり直さなければならないため、最低でも1ヵ月は広告の運用効果が悪くなる恐れがあります。

なので可能な限りアカウント移管をするようにしましょう。

リターゲティングリストのデータを引き継げない可能性がある(アカウントが引き継げない場合)

リターゲティングリストは、ユーザーの行動やサイトへの訪問履歴に基づいて広告を配信するための重要なデータです。しかし、新しい代理店と契約を結び、アカウントが引き継げない場合、既存のリターゲティングリストのデータは引き継がれません。基本的に、代理店によってアカウントが異なるためです。

リターゲティングリストがなければ、新しい代理店は構築とデータの蓄積を最初からやり直す必要があります。場合によっては、リターゲティング広告のパフォーマンスが一時的に低下する可能性があるでしょう。

ただ、アカウントの所有者が広告主の場合は基本的に問題ありません。アカウントの情報をそのまま新しい代理店に伝えるだけです。

リスティング広告 乗り換え先の選び方

リスティング広告の乗り換え先を選ぶ場合、以下の6つに注目しましょう。

  • 代理店担当者
  • 運用実績
  • レポーティングや定例頻度
  • 管理画面の閲覧権限
  • 運用の開始時期
  • 費用や手数料

代理店担当者

まずはじめに代理店担当者がどんな方かを把握することは重要です。担当者の実績やこれまでの経験、コミュニケーションに問題がないかなど、今後広告運用を任せる上で信頼できるかどうかを確認しておきましょう。

運用実績

運用実績を確認することも大切です。同業種や同業界の運用実績がある場合、知見やノウハウ等を持っている可能性が高く、パフォーマンスの向上により期待できます。

逆に運用実績がそこまでない代理店の場合、もちろん一概には言えませんが、期待する効果が出ない可能性もあるので、運用実績は代理店を乗り換える上で重要な指標のひとつとなるでしょう。

レポーティングや定例頻度

レポーティングや定例頻度にも注目しましょう。まず、レポーティングは広告運用の成果やパフォーマンスを把握し、最適化するための意思決定に必要な情報を提供します。レポートの頻度、可視化の方法、カスタムレポートの提供なども考慮すべき要素です。

次に、代理店との定例会議や報告の頻度を確認しましょう。定期的なコミュニケーションは進捗状況やパフォーマンスの評価、新たな戦略の提案などに重要です。頻度や形式(オンライン会議やメール報告など)が自社のニーズと合致しているかを検討しましょう。

管理画面の閲覧権限

管理画面の機能とアクセス権限も確認してください。広告キャンペーンの進行状況や成果を正確に把握するためには、適切な閲覧権限が必要です。

運用の開始時期

運用の開始時期も事前に確認しましょう。できるだけ早いタイミングで乗り換えることができれば、広告運用のロスを最小限に抑えられます。現在の代理店といつ契約が終了するかを伝えるとともに、いつから運用を開始するか打ち合わせましょう。

人気のある代理店の場合、多くのクライアントから広告運用の依頼を受けており、すぐに開始できないケースがあります。乗り換えを検討する際は、数ヵ月前から乗り換え先と話を進めておく必要があるでしょう。

費用や手数料

費用や手数料も軽視できないポイントです。基本的に広告代理店の費用・手数料は3つに分かれます。

  • パーセンテージ型
  • テーブル型
  • 月額固定型

パーセンテージ型は広告費の一部(20%など)を手数料とするものです。テーブル型は「◯万円までは◯%」など広告費によって料金体系が変わるという特徴があります。月額固定型とは、「毎月◯万円」と固定される支払い方法です。

このような違いを頭に入れて、費用体系を理解しましょう。広告運用にかかる費用や手数料、契約の条件や期間、支払いスケジュールなどを詳細に確認し、予算やビジネスニーズに合致するか検討してください。

リスティング広告 乗り換え時に気を付けるポイント

リスティング広告を乗り換える際に気を付けたいのが以下のポイントです。

  • データの引継ぎ
  • 既存の代理店との契約期間や違約金

データの引継ぎ

リスティング広告の代理店の乗り換え時にはデータの引継ぎに注意が必要です。データを引き継げないと、新しい代理店はゼロからのスタートになってしまいます。現在の代理店に「データを引き継げるか」を確認してください。

広告主がアカウントを所有している場合、簡単に引き継げます。Googleの場合、アカウントIDを乗り換え先の代理店に伝えましょう。Yahoo!の場合、アカウントをCSVデータとして保管します。そのうえで新たにアカウントを作成し、データをインポートすることで引き継げます。

既存の代理店との契約期間や違約金

契約期間によっては、乗り換えることで違約金が発生する可能性があるでしょう。しっかりと契約内容を確認し、違約金が発生しないタイミングを見極める必要があります。

ただ、現在の代理店に問題が多いなど、状況によっては違約金を払ってでも乗り換えたほうが良いケースもあるため、総合的に判断するようにしてください。

リスティング広告代理店の乗り換えを検討されている際はLifunextへ

実績と経験

Lifunextでは他社代理店からの乗り換えにおける案件のCPA改善率が95%を誇り、他社代理店で成果が出せなかった場合でもしっかりと成果を出します。

またLifunextにはセプテーニやGMO NIKKOを始めとする大手代理店出身者のメンバーが多数在籍しているため、正しい媒体知識はもちろんのこと、業界別の運用ノウハウなども備えており、お客様の課題や目標に合わせた最適な広告運用を提供できます。

運用力

Lifunextには確かな運用力があります。運用力が高い理由として、大きく①メディアリレーションを築いていること、②目先のCPAのみに固執しせずお客様の事業成長に寄り添うことの2つがあります。

①メディアリレーションを築いていることに関して、各媒体の認定代理店であることで、媒体からの最新の情報や運用方法、ノウハウをいち早く取り入れ、そのノウハウをお客様に提供、また施策に活かすことができます。

②目先のCPAのみに固執せずお客様の事業成長に寄り添うことに関して、CPAだけの数値を見ず、CV後の転換率や費用対効果の良し悪しなどさまざま指標を向上させられるような運用をしています。

また、その前段階のKPIやマネタイズポイントの設定など、広告を含めたビジネス全体を俯瞰し、収益向上に寄り添います。

分析力

Lifunextは統計学を用いたデータ分析、ユーザー行動踏まえたクリエイティブ分析の2つ観点の分析が可能です。

統計学を強みとするデータ事業部と、広告コンサルタントが連携することで各データ分析レポートの質を向上させ、分析を通しての課題の発見精度が高くなっています。数値解釈をメインとした媒体分析の強みはもちろんのこと、広告外要素も含めたご提案や改善施策を提供できることが、Lifunextの分析力としての強みです。

さらに、クリエイティブ事業部とも連携することで、訴求したいポイントはどこなのか、またその訴求ポイントをユーザーに印象づけるためにどのようなクリエイティブが最適なのかなど、クリエイティブ観点での分析も可能です。

広告代理店の乗り換え検討中の方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

\ Lifunextのリスティング広告運用代行サービスに興味ある方はこちら /

必要であればリスティング広告の乗り換えを検討しよう!

リスティング広告の代理店は、必要に応じて乗り換えを検討してください。代理店を変えることで効果が期待できたり、コミュニケーションが円滑に取れるようになったりする可能性があります。

乗り換える際は、なるべく2〜3ヵ月前から乗り換え先探しをはじめるようにしましょう。また、事前にデータを引き継げるかも確認が必要です。

ホワイトペーパーダウンロードはこちら

広告代理店に任せっきりの企業が
やってしまいがちな問題3選

【資料の内容】

・リスティング広告でなぜ成果が出ないのか

・リスティング広告運用のステップ

・リスティング広告運用を成功させるために

・リスティング広告最適化チェックツールについて

ポイントまとめ

リスティング広告乗り換えを検討する際のポイントとは?

「現在の代理店が持っているデータを引き継げるか」「違約金が発生することはないか」を検討してください。

リスティング広告乗り換えのメリットとは?

主に3つあります。

  • 効果が出る可能性がある
  • コミュニケーション問題が解決される可能性がある
  • マーケティングを見直すきっかけになる

\ リスティング広告のことならLifunextへお気軽にお問い合わせ下さい /

LifunextはGoogle Partnerです。パートナー会社を選ぶにあたって媒体とのリレーションは重要になります。認定代理店としての独自情報等もご提供できますのでお気軽にお問い合わせください。

各種正規パートナー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次